Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab.uitest.TestCase.forInteractiveUse

クラス: matlab.uitest.TestCase
パッケージ: matlab.uitest

対話型で使用する TestCase オブジェクトの作成

構文

tc = matlab.uitest.TestCase.forInteractiveUse

説明

tc = matlab.uitest.TestCase.forInteractiveUse は、対話型で使用する matlab.uitest.TestCase のインスタンスを作成します。TestCase は、MATLAB® コマンド プロンプトで試すことができるように構成されています。TestCase は検定の失敗と成功に反応し、パスと失敗の両方の条件について画面にメッセージを表示します。

すべて展開する

ボタンを押すと赤から緑に変わるランプ コンポーネントを作成します。

fig = uifigure;
lamp = uilamp(fig,'Position',[50 100 20 20],'Color','red');
button = uibutton(fig,'ButtonPushedFcn',@(btn,event) set(lamp,'Color','green'));

MATLAB コマンド プロンプトで対話型での使用のために設定された TestCase オブジェクトを作成します。

tc = matlab.uitest.TestCase.forInteractiveUse;

ボタンを押します。

tc.press(button)

ランプの色が緑であることを確認します。ランプの色は RGB 3 成分として格納されているため、このテストは失敗します。

tc.verifyEqual(lamp.Color,'green')
Verification failed.

---------------------
Framework Diagnostic:
---------------------
verifyEqual failed.
--> Classes do not match.
    
    Actual Class:
        double
    Expected Class:
        char

Actual Value:
     0     1     0
Expected char:
    green

ランプの色が緑の RGB 3 成分であることを確認します。

tc.verifyEqual(lamp.Color,[0 1 0])
Verification passed.
R2018a で導入