Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

hover

クラス: matlab.uitest.TestCase
パッケージ: matlab.uitest

UI コンポーネントでのホバー動作の実行

構文

hover(testcase,comp)
hover(testcase,comp,location)

説明

hover(testcase,comp) は、ホバー動作をサポートする UI コンポーネント comp でこの動作を実行します。

hover(testcase,comp,location) は、コンポーネント内のカーソルを合わせる位置を指定します。位置を指定しない場合、MATLAB®comp の中央にカーソルを合わせます。

入力引数

すべて展開する

テスト ケースのインスタンス。matlab.uitest.TestCase オブジェクトとして指定します。

テストでカーソルを合わせるコンポーネント。ホバー動作をサポートする UI コンポーネント オブジェクトとして指定します。ホバー動作をサポートするコンポーネントには、AxesUIAxesPolarAxesFigure オブジェクトが含まれます。

サポートされるコンポーネント一般的な作成関数
座標軸axes
UI 座標軸uiaxes
極座標軸polaraxes
UI Figureuifigure

データ型: matlab.graphics.axis.Axes | matlab.ui.control.UIAxes | matlab.graphics.axis.PolarAxes | matlab.ui.Figure

カーソルを合わせる位置。カーソルを合わせる点の座標として指定します。

  • 座標軸および UI 座標軸 — x 座標、y 座標、およびオプションで z 座標を含む、1 行 2 列または 1 行 3 列の数値配列。

  • 極座標軸 — θ 座標および r 座標を含む、1 行 2 列の数値配列。

  • UI Figure — x 座標および y 座標を含む、1 行 2 列の数値配列。UI Figure の左下隅からのピクセル単位の座標を使用して、カーソルを合わせる点の座標を指定します。

例: [32.5 13 0.25] (UI 座標軸)

例: [pi/2 0.5] (極座標軸)

例: [100 200] (UI Figure)

属性

Sealedtrue

メソッドの属性の詳細については、メソッドの属性を参照してください。

すべて展開する

UI 座標軸と対話型のテスト ケース インスタンスを作成します。

uiAx = uiaxes;
testCase = matlab.uitest.TestCase.forInteractiveUse;

座標軸上の座標 (0.2, 0.4) で定義された点にカーソルを合わせます。

testCase.hover(uiAx,[0.2 0.4])

UI figure と対話型のテスト ケース インスタンスを作成します。

uiFig = uifigure;
testCase = matlab.uitest.TestCase.forInteractiveUse;

ピクセル座標 (100, 200) で定義された点にカーソルを合わせます。

testCase.hover(uiFig,[100 200])
R2019a で導入