Main Content

近似の後処理

プロット、外れ値、残差、信頼区間、検証データ、微積分、MATLAB® コードの生成

曲線や曲面で近似を行った後、後処理方法を使用してデータの近似が正確かどうかを解析します。近似を作成した後、プロットや内挿、外挿、信頼区間の推定、微積分計算のためのさまざまな後処理方法を適用することができます。また、近似の外れ値を判定するために後処理方法を使用することもできます。

Curve Fitting Toolbox™ の関数を使用し、残差と予測範囲をプロットして近似を評価できます。詳細は、曲線近似の評価を参照してください。近似を比較して対話的に MATLAB コードを生成するには、曲線フィッター アプリを使用します。

アプリ

曲線フィッター曲線や曲面によるデータへの近似

関数

cfitcfit オブジェクト用コンストラクター
coeffnamescfitsfit、または fittype のオブジェクトの係数名
coeffvaluescfit または sfit オブジェクトの係数の値
confintcfit または sfit オブジェクトの近似係数の信頼区間
differentiatecfit または sfit オブジェクトの微分
fevalcfitsfit または fittype オブジェクトの評価
integratecfit オブジェクトの積分
plotcfit または sfit オブジェクトのプロット
predintcfit または sfit オブジェクトの予測区間
probvaluescfit または sfit のオブジェクトの問題依存パラメーター値
quad2dsfit オブジェクトの数値積分
sfitsfit オブジェクト用コンストラクター

トピック