ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

sfit

sfit オブジェクト用コンストラクター

構文

surfacefit = sfit(fittype,coeff1,coeff2,...)

説明

sfit オブジェクトは曲面近似の結果をデータにカプセル化します。それらは通常、関数 fit を呼び出すことで、または対話的に曲線近似アプリから近似をワークスペースにエクスポートすることで作成されます。sfit オブジェクトの係数プロパティを取得および設定できます。

sfit オブジェクトを、X と Y の値で曲面を予測または評価する関数として扱うことができます。

cfit クラスと同様に、sfit はすべての fittype メソッドを継承します。

surfacefit = sfit(fittype,coeff1,coeff2,...) は、fittype オブジェクトと係数値 coeff1coeff2 などで指定されたモデル タイプを使用して、sfit オブジェクト surfacefit を作成します。

メモ

fittype オブジェクトをデータに近似する場合、関数 fit によって sfit が呼び出されます。回帰の結果である sfit オブジェクトを作成するには、fit を使用します。

近似を "実行せずに" fittype オブジェクトの係数および問題のパラメーターに値を代入する場合は、sfit のみを直接呼び出さなければなりません。

sfit オブジェクトのメソッド:

argnames cfitsfit、または fittype のオブジェクトの入力引数名
categorycfitsfit、または fittype のオブジェクトの近似のカテゴリ
coeffnamescfitsfit、または fittype のオブジェクトの係数名
coeffvaluescfit または sfit オブジェクトの係数の値
confintcfit または sfit オブジェクトの近似係数の信頼区間
dependnamescfitsfit、または fittype のオブジェクトの従属変数
differentiatecfit または sfit オブジェクトの微分
fevalcfitsfit または fittype オブジェクトの評価
formulacfitsfit、または fittype のオブジェクトの式
indepnamescfitsfit、または fittype のオブジェクトの独立変数
islinearcfitsfit、または fittype のオブジェクトが線形かどうかを判断する
numargscfitsfit、または fittype のオブジェクトの入力引数の数
numcoeffscfitsfit、または fittype のオブジェクトの係数の数
plotcfit または sfit オブジェクトのプロット
predintcfit または sfit オブジェクトの予測区間
probnamescfitsfit、または fittype のオブジェクトの問題依存パラメーター名
probvaluescfit または sfit のオブジェクトの問題依存パラメーター値
quad2dsfit オブジェクトの数値積分
setoptions モデル近似オプションを設定
sfitsfit オブジェクト用コンストラクター
typecfitsfit、または fittype のオブジェクトの名前

sfit オブジェクトを、X と Y の値で曲面を予測または評価する関数として扱うことができます。例:

        x = 3 - 6 * rand( 49, 1 );
        y = 3 - 6 * rand( 49, 1 );
        z = peaks( x, y );
        sf = fit( [x, y], z, 'poly32' );
        zhat = sf( mean( x ), mean( y ) )

R2009a で導入