Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

sfit

sfit オブジェクト用コンストラクター

説明

surfacefit = sfit(fittype,coeff1,...,coeffn) は、fittype オブジェクトと係数値 coeff1coeff2 などで指定されたモデル タイプを使用して、sfit オブジェクト surfacefit を作成します。

sfit オブジェクトは曲面近似の結果をデータにカプセル化します。それらは通常、関数 fit を呼び出すことで、または対話的に曲線近似アプリから近似をワークスペースにエクスポートすることで作成されます。sfit オブジェクトの係数プロパティを取得および設定できます。

sfit オブジェクトを、X と Y の値で曲面を予測または評価する関数として扱うことができます。

cfit クラスと同様に、sfit はすべての fittype メソッドを継承します。

メモ

fittype オブジェクトをデータに近似する場合、関数 fit によって sfit が呼び出されます。回帰の結果である sfit オブジェクトを作成するには、fit を使用します。

近似を "実行せずに" fittype オブジェクトの係数および問題のパラメーターに値を代入する場合は、sfit のみを直接呼び出さなければなりません。

Methods of sfit objects:

argnames Input argument names of cfit, sfit, or fittype object
categoryCategory of fit of cfit, sfit, or fittype object
coeffnamesCoefficient names of cfit, sfit, or fittype object
dependnamesDependent variable of cfit, sfit, or fittype object
formulaFormula of cfit, sfit, or fittype object
indepnamesIndependent variable of cfit, sfit, or fittype object
islinearDetermine if cfit, sfit, or fittype object is linear
numargsNumber of input arguments of cfit, sfit, or fittype object
numcoeffsNumber of coefficients of cfit, sfit, or fittype object
probnamesProblem-dependent parameter names of cfit, sfit, or fittype object
probvaluesProblem-dependent parameter values of cfit or sfit object
quad2dNumerically integrate sfit object
setoptions Set model fit options
sfitConstructor for sfit object
typeName of cfit, sfit, or fittype object

すべて折りたたむ

sfit オブジェクトを、X と Y の値で曲面を予測または評価する関数として扱うことができます。

        x = 3 - 6 * rand( 49, 1 );
        y = 3 - 6 * rand( 49, 1 );
        z = peaks( x, y );
        sf = fit( [x, y], z, 'poly32' );
        zhat = sf( mean( x ), mean( y ) )

入力引数

すべて折りたたむ

関数 sfitsfit オブジェクトの構築に使用するモデルタイプ。関数 fittype で構築された fittype として指定します。

例: fittype('linearinterp')

sfit オブジェクトの係数値。スカラーとして指定します。

データ型: single | double

出力引数

すべて折りたたむ

関数出力。sfit オブジェクトとして返されます。

R2009a で導入