ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

cfit

cfit オブジェクト用コンストラクター

構文

cfun = cfit(ffun,coeff1,coeff2,...)

説明

cfun = cfit(ffun,coeff1,coeff2,...) は、fittype オブジェクト ffun と係数値 coeff1coeff2 などで指定されたモデル タイプを使用して、cfit オブジェクト cfun を作成します。

メモ

fittype オブジェクトをデータに近似する場合、関数 fit によって cfit が呼び出されます。回帰の結果である cfit オブジェクトを作成するには、fit を使用します。

近似を "実行せずに" fittype オブジェクトの係数および問題のパラメーターに値を代入する場合は、cfit のみを直接呼び出さなければなりません。

f = fittype('a*x^2+b*exp(n*x)')
f =
     General model:
       f(a,b,n,x) = a*x^2+b*exp(n*x)
c = cfit(f,1,10.3,-1e2)
c =
     General model:
       c(x) = a*x^2+b*exp(n*x)
     Coefficients:
       a =           1
       b =        10.3
       n =        -100

R2006a より前に導入