ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

integrate

cfit オブジェクトの積分

構文

int = integrate(fun,x,x0)

説明

int = integrate(fun,x,x0) は、ベクトル x によって指定された点で x0 から開始して cfit オブジェクトの fun を積分し、結果を int で返します。intx と同じサイズのベクトルです。x0 はスカラーです。

ベースラインの正弦波信号を作成します。

xdata = (0:.1:2*pi)';
y0 = sin(xdata);

応答依存ガウス ノイズを信号に付加します。

noise = 2*y0.*randn(size(y0));
ydata = y0 + noise;

ノイズのあるデータをカスタムの正弦波モデルで近似します。

f = fittype('a*sin(b*x)');
fit1 = fit(xdata,ydata,f,'StartPoint',[1 1]);

予測子値について近似の積分を求めます。

int = integrate(fit1,xdata,0);

データ、近似、積分をプロットします。

subplot(2,1,1)
plot(fit1,xdata,ydata) % cfit plot method
subplot(2,1,2)
plot(xdata,int,'m') % double plot method
grid on
legend('integral')

また、次のように cfitplot メソッドを使用して積分を直接計算しプロットできることに注意してください。

plot(fit1,xdata,ydata,{'fit','integral'})

ただし、plot メソッドは積分のデータを返しません。

R2006a より前に導入