ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

quad2d

sfit オブジェクトの数値積分

構文

Q = quad2d(FO, a, b, c, d)
[Q,ERRBND] = quad2d(...)
[Q,ERRBND] = QUAD2D(FO,a,b,c,d,PARAM1,VAL1,PARAM2,VAL2,...)

説明

Q = quad2d(FO, a, b, c, d) は、平面領域 axb および c(x)yd(x) に対する曲面近似オブジェクト FO の積分を近似します。範囲 cd はそれぞれ、スカラー、関数ハンドル、または曲線近似 (cfit) オブジェクトになります。

また、[Q,ERRBND] = quad2d(...) は、絶対誤差 ERRBND に関する近似の上限も返します。

[Q,ERRBND] = QUAD2D(FO,a,b,c,d,PARAM1,VAL1,PARAM2,VAL2,...) はオプションのパラメーターに指定された値を使用して積分を実行します。

上限とオプション パラメーターの詳細については、MATLAB® 関数 quad2d を参照してください。

参考

| | |

R2009b で導入