ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

検証データの選択

現在選択されている近似に検証データを指定するには、以下の手順に従います。

  1. [近似][検証データを指定] を選択します。[検証データを指定] ダイアログ ボックスが開きます。

  2. [X データ][Y データ] の変数を (曲面の場合は [Z データ] の変数も) 選択します。

    近似データが曲線用か曲面用かに応じて 2 つまたは 3 つの変数を選択すると、検証統計量 (SSE および RMSE) が計算され、[結果] ペインと [近似テーブル] に表示されます。これらの統計量の定義については、近似テーブルの統計量の使用を参照してください。検証データ点が元のデータと共にメイン プロットと残差プロットに表示されます。

  3. ダイアログ ボックスを閉じます。