Main Content

QPSK Modulator Baseband

直交位相偏移変調手法を使った変調

ライブラリ

Modulation の Digital Baseband サブライブラリ内の PM

  • QPSK Modulator Baseband block

説明

QPSK Modulator Baseband ブロックは、直交位相偏移変調手法を使って変調します。出力は、変調信号のベースバンド表現です。

整数値信号とバイナリ値信号

[Input type] パラメーターを [Integer] に設定した場合、有効な入力値は 0、1、2、および 3 です。入力 m に対して [Constellation ordering][Binary] に設定すると、出力シンボルは次のようになります。

exp(jθ + jπm/2)

ここで、θ は [Phase offset] パラメーターを表します (グレイ コンスタレーション順については次の図を参照してください)。この場合、ブロックはスカラーまたは列ベクトル信号を受け入れます。

[Input type] パラメーターを [Bit] に設定した場合、入力はバイナリ値のペアを含んでいます。この設定の場合、ブロックは偶数の長さの列ベクトルを受け入れます。[Phase offset] パラメーターを Π4 に設定すると、ブロックは、[Constellation ordering] パラメーターを [Binary] または [Gray] に設定するかどうかに従い、次の図に示す信号コンスタレーションの 1 つを使用します。

前述の図では、最上位ビット (一番左のビット) はブロックの最初のビット入力です。グレイ マッピングの詳細については、M-PSK Modulator Baseband ヘルプ ページを参照してください。

ダイアログ ボックス

Input type

入力が整数で構成されるか、ビットのペアで構成されるかを示します。

Constellation ordering

ブロックが入力ビットまたは入力整数の各ペアをコンスタレーション シンボルにマップする方法を決定します。

Phase offset (rad)

信号コンスタレーションの 0 番目の点の位相。

コンスタレーションの表示

ブロック マスクで [View Constellation] をクリックして、指定したブロック パラメーターの信号コンスタレーションを可視化します。コンスタレーションを表示する前に、パラメーターの設定を適用します。詳細については、変調器ブロックのコンスタレーションの表示を参照してください。

出力データ型

出力データ型。[double][single][fixdt(1,16)][fixdt(1,16, 0)][逆伝播による継承]、または [<データ型式>] として指定します。

このパラメーターの設定を

  • [fixdt(1,16)][fixdt(1,16.0)]、または [<データ型式>] とした場合、より詳しい項目を指定するためのパラメーターが有効になります。

  • [逆伝播による継承] とした場合、出力データ型とスケーリングは次のブロックに一致するように設定されます。

[データ型アシスタント] は、データ属性の設定を支援します。[データ型アシスタント] を使用するには、[データ型アシスタントを表示] をクリックします。詳細については、データ型アシスタントを利用したデータ型の指定 (Simulink)を参照してください。

サポートされているデータ型

端子サポートされているデータ型

入力

  • 倍精度浮動小数点

  • 単精度浮動小数点

  • Boolean ([Input type][Bit] の場合)

  • 8、16、32 ビット符号付き整数

  • 8、16、32 ビット符号なし整数

  • ufix(1) ([Input type][Bit] の場合)

  • [Input type][Integer] のときに ufix(2)

出力

  • 倍精度浮動小数点

  • 単精度浮動小数点

  • 符号付き固定小数点

すべて展開する

ノイズを含む QPSK 信号を変調および復調します。

QPSK 復調モデルを開くには、[モデルを開く] ボタンを使用します。

シミュレーションを実行します。結果はベース ワークスペースに保存されます。ここで、ErrorVec は 1 行 3 列の行ベクトルです。BER は最初の要素にあります。

誤りの統計を表示します。与えられた 4.3 dB の Eb/No では、結果の BER が約 0.01 になります。結果は多少変動する場合があります。

ans =

    0.0104

Eb/No を 7 dB に増やします。シミュレーションを再実行し、BER が減少していることを確認します。

ans =

   7.0000e-04

ペア ブロック

QPSK Demodulator Baseband

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

バージョン履歴

R2006a より前に導入