Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

QPSK Modulator Baseband

直交位相シフト キーイング手法を使った変調

ライブラリ

Modulation の Digital Baseband サブライブラリ内の PM

  • QPSK Modulator Baseband block

説明

QPSK Modulator Baseband ブロックは、直交位相シフト キーイング手法を使って変調します。出力は、変調信号のベースバンド表現です。

整数値信号とバイナリ値信号

[Input type] パラメーターを [Integer] に設定した場合、有効な入力値は 0、1、2、および 3 です。入力 m に対して [Constellation ordering][Binary] に設定すると、出力シンボルは次のようになります。

exp(jθ + jπm/2)

ここで、θ は [Phase offset] パラメーターを表します (グレイ コンスタレーション順については次の図を参照してください)。この場合、ブロックはスカラーまたは列ベクトル信号を受け入れます。

[Input type] パラメーターを [Bit] に設定した場合、入力はバイナリ値のペアを含んでいます。この設定の場合、ブロックは偶数の長さの列ベクトルを受け入れます。[Phase offset] パラメーターを Π4 に設定すると、ブロックは、[Constellation ordering] パラメーターを [Binary] または [Gray] に設定するかどうかに従い、次の図に示すコンスタレーションの 1 つを使用します。

前述の図では、最上位ビット (一番左のビット) はブロックの最初のビット入力です。グレイ マッピングの詳細は、M-PSK Modulator Baseband ヘルプ ページを参照してください。

コンスタレーションの可視化

QPSK Modulator Baseband ブロックは、ブロック マスクからコンスタレーションを可視化するための機能を提供します。このコンスタレーションの可視化機能を使用すると、特定のブロック パラメーターのコンスタレーションを可視化できます。詳細については、『Communications Toolbox™ User's Guide』のコンスタレーションの可視化の節を参照してください。

ダイアログ ボックス

Phase offset (rad)

コンスタレーションの 0 番目の点の位相。

Constellation ordering

ブロックが入力ビットまたは入力整数の各ペアをコンスタレーション シンボルにマップする方法を決定します。

Input type

入力が整数で構成されるか、ビットのペアで構成されるかを示します。

Output data type

出力データ型は、doublesingleFixed-pointUser-defined、または Inherit via back propagation に設定できます。

このパラメーターを Fixed-point または User-defined に設定した場合は、より詳しい項目を指定するためのフィールドが利用可能になります。このパラメーターを Inherit via back propagation に設定した場合、出力データ型とスケーリングは次のブロックに一致するように設定されます。

Output word length

固定小数点の出力データ型を、ビット単位の語長で指定します。このパラメーターは、[Output data type] パラメーターで [Fixed-point] を選択した場合に表示のみされます。

Set output fraction length to

次のいずれかの方法によって固定小数点出力のスケーリングを指定します。

  • [Best precision] を選択すると、出力信号が可能な範囲内での最高精度となるよう、自動的に出力のスケーリングが行われます。

  • [User-defined] を選択すると、出力のスケーリングは [Output fraction length] パラメーターで指定します。

このパラメーターは、[Output data type] パラメーターで [Fixed-point] を選択するか、[User-defined] を選択した場合にデータ型が固定小数点とされている場合にのみ表示されます。

User-defined data type

符号付きの組み込みデータ型または符号付き固定小数点のデータ型を指定します。固定小数点のデータ型の指定には、Fixed-Point Designer™ の関数 sfix (Simulink)sint (Simulink)sfrac (Simulink) および fixdt (Simulink) を使用できます。このパラメーターは、[Output data type] パラメーターで [User-defined] を選択した場合に表示のみされます。

Output fraction length

固定長小数点の出力データ型の場合、小数部ビットの数または 2 進小数点の右側のビットの数を指定します。このパラメーターは、[Output data type] パラメーターで [Fixed-point] を選択するか [User-defined] を選択して [Set output fraction length to] パラメーターで [User-defined] を選択した場合にのみ表示されます。

サポートされているデータ型

端子サポートされているデータ型

入力

  • 倍精度浮動小数点

  • 単精度浮動小数点

  • Boolean ([Input type][Bit] の場合)

  • 8、16、32 ビット符号付き整数

  • 8、16、32 ビット符号なし整数

  • ufix(1) ([Input type][Bit] の場合)

  • [Input type][Integer] のときに ufix(2)

出力

  • 倍精度浮動小数点

  • 単精度浮動小数点

  • 符号付き固定小数点

ペア ブロック

QPSK Demodulator Baseband

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入