Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

comm.QPSKModulator

QPSK メソッドを使用した変調

説明

comm.QPSKModulator オブジェクトは、直交位相シフト キーイング法を使用して変調します。出力は、変調信号のベースバンド表現です。

QPSK 変調を適用するには次を行います。

  1. comm.QPSKModulator オブジェクトを作成し、そのプロパティを設定します。

  2. 関数と同様に、引数を指定してオブジェクトを呼び出します。

System object の機能の詳細については、System object とはを参照してください。

作成

説明

qpskmod = comm.QPSKModulator は変調器 System object™ を作成します。このオブジェクトを使用し、直交位相シフト キーイング (QPSK) メソッドを使用して、入力信号を変調します。

qpskmod = comm.QPSKModulator(Name,Value) は、指定の各プロパティが指定の値に設定された QPSK 変調器オブジェクトを作成します。(Name1,Value1,...,NameN,ValueN) のように、追加の名前と値のペアの引数を任意の順番で指定できます。

qpskmod = comm.QPSKModulator(phase,Name,Value) は QPSK 変調器オブジェクト qpskmod を作成します。このオブジェクトは、PhaseOffset プロパティを phase に設定しており、指定の他のプロパティは指定の値に設定しています。phase をラジアン単位で指定します。

プロパティ

すべて展開する

特に指定がない限り、プロパティは "調整不可能" です。つまり、オブジェクトの呼び出し後に値を変更することはできません。オブジェクトは呼び出すとロックされ、ロックを解除するには関数 release を使用します。

プロパティが "調整可能" の場合、その値をいつでも変更できます。

プロパティ値の変更の詳細については、System object を使用した MATLAB でのシステム設計を参照してください。

コンスタレーションの 0 番目の点の位相 (ラジアン単位)。スカラーとして指定します。

例: 'PhaseOffset',0 とすると、QPSK コンスタレーション点が座標軸上で {(1,0), (0,j), (-1,0), (0,-j)} に配置されます。

データ型: double

ビットで入力するためのオプション。false または true として指定します。

  • このプロパティを false に設定すると、入力値は、2 ビットの入力セグメントおよび 0-3 の範囲の整数表現でなくてはなりません。

  • このプロパティを true に設定した場合、入力値は偶数長のバイナリ ベクトルでなければなりません。要素ペアは、整数のバイナリ表現です。

データ型: logical

コンスタレーション符号化

信号コンスタレーションのビット マッピング。'Gray' または 'Binary' として指定します。

設定整数のコンスタレーション マッピングビットのコンスタレーション マッピングコメント

Gray

信号のコンスタレーション マッピングは、グレイ符号化されます。

Binary

入力整数 m (0 ≤ m ≤ 3) の信号のコンスタレーション マッピングは、複素数値 e(j*(PhaseOffset) + j*2*π*m/4) です。

データ型: char

出力に割り当てられるデータ型。'double''single'、または 'Custom' として指定します。

データ型: char

固定小数点プロパティ

出力の固定小数点データ型。Auto の符号属性の numerictype (Fixed-Point Designer) オブジェクトとして指定します。このプロパティは、OutputDataType プロパティを Custom に設定した場合に適用されます。

依存関係

このプロパティは、OutputDataType プロパティを 'Custom' に設定した場合に適用されます。

使用法

説明

waveform = qpskmod(insignal) は、ベースバンド変調出力を返します。

入力引数

すべて展開する

入力信号。NS 要素の整数またはビットの列ベクトルとして指定します。ここで、NS はサンプルの数です。

BitInput プロパティの設定は、入力ベクトルの解釈を決定します。

データ型: double | int8 | logical | fi

出力引数

すべて展開する

出力波形。複素数値のベクトルとして返されます。

オブジェクト関数

オブジェクト関数を使用するには、System object を最初の入力引数として指定します。たとえば、obj という名前の System object のシステム リソースを解放するには、次の構文を使用します。

release(obj)

すべて展開する

constellation理想的なコンスタレーションの計算またはプロット
stepSystem object のアルゴリズムの実行
releaseリソースを解放し、System object のプロパティ値と入力特性の変更を可能にします。
resetSystem object の内部状態のリセット

すべて折りたたむ

QPSK 変調器を作成します。

mod = comm.QPSKModulator;

基準コンスタレーション点を決定します。

refC = constellation(mod)
refC = 4×1 complex

   0.7071 + 0.7071i
  -0.7071 + 0.7071i
  -0.7071 - 0.7071i
   0.7071 - 0.7071i

コンスタレーションをプロットします。

constellation(mod)

Figure contains an axes. The axes with title Constellation: QPSK,Gray Mapping,PhaseOffset=0.7854rad contains 7 objects of type line, text.

位相オフセットが 0 の PSK 復調器を作成します。

demod = comm.QPSKDemodulator('PhaseOffset',0);

その基準コンスタレーションをプロットします。constellation メソッドは、変調器オブジェクトと復調器オブジェクトの両方に働きます。

constellation(demod)

Figure contains an axes. The axes with title Constellation: QPSK,Gray Mapping,PhaseOffset=0rad contains 7 objects of type line, text.

QPSK 変調器オブジェクトと位相ノイズ オブジェクトを作成します。

qpskModulator = comm.QPSKModulator;
phNoise = comm.PhaseNoise('Level',-55,'FrequencyOffset',20,'SampleRate',1000);

ランダム QPSK データを生成します。位相ノイズ オブジェクトを介して信号を渡します。

d = randi([0 3],1000,1);
x = qpskModulator(d);
y = phNoise(x);

QPSK 信号のコンスタレーション ダイアグラムを表示します。位相ノイズによりコンスタレーション ダイアグラムに回転歪みが発生しています。

constDiagram = comm.ConstellationDiagram;

constDiagram(y)

Figure Constellation Diagram contains an axes and other objects of type uiflowcontainer, uimenu, uitoolbar. The axes contains 2 objects of type line. This object represents Channel 1.

BitInput プロパティを true に設定した QPSK 変調器オブジェクトを作成します。プロパティを表示します。

qpskmod = comm.QPSKModulator('BitInput',true)
qpskmod = 
  comm.QPSKModulator with properties:

       PhaseOffset: 0.7854
          BitInput: true
     SymbolMapping: 'Gray'
    OutputDataType: 'double'

基準コンスタレーション点を決定します。

refC = constellation(qpskmod)
refC = 4×1 complex

   0.7071 + 0.7071i
  -0.7071 + 0.7071i
  -0.7071 - 0.7071i
   0.7071 - 0.7071i

コンスタレーションをプロットします。BitInputtrue であるため、コンスタレーション シンボルはビット値をもつラベルです。

constellation(qpskmod)

Figure contains an axes. The axes with title Constellation: QPSK,Gray Mapping,PhaseOffset=0.7854rad contains 7 objects of type line, text.

既定のプロパティ設定をもつ QPSK 変調器オブジェクトを作成します。プロパティを表示します。

qpskmod2 = comm.QPSKModulator
qpskmod2 = 
  comm.QPSKModulator with properties:

       PhaseOffset: 0.7854
          BitInput: false
     SymbolMapping: 'Gray'
    OutputDataType: 'double'

コンスタレーションを既定の設定でプロットします。BitInputfalse であるため、コンスタレーション シンボルは整数値をもつラベルです。

constellation(qpskmod2)

Figure contains an axes. The axes with title Constellation: QPSK,Gray Mapping,PhaseOffset=0.7854rad contains 7 objects of type line, text.

拡張機能

参考

関数

オブジェクト

ブロック

R2012a で導入