Main Content

OQPSK Modulator Baseband

OQPSK 法を使用した変調

  • OQPSK Modulator Baseband block

ライブラリ:
Communications Toolbox / Modulation / Digital Baseband Modulation / PM

説明

OQPSK Modulator Baseband ブロックは、オフセット直交位相偏移変調 (OQPSK) 手法を使って、波形に対してパルス整形フィルターを適用し、入力信号を変調します。詳細については、パルス整形フィルターを参照してください。出力は、変調信号のベースバンド表現です。

変調器と復調器のペアの処理によって発生する遅延の詳細については、変調の遅延を参照してください。

端子

入力

すべて展開する

入力データ。整数またはビット列ベクトルとして指定します。

入力信号は、Input type の設定に基づいて処理されます。

データ型: double | single | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean

出力

すべて展開する

出力ベースバンド波形。複素数データの列ベクトルとして返されます。[出力データ型] パラメーターは出力信号のデータ型を指定します。

パラメーター

すべて展開する

変調

入力タイプ。[Integer] または [Bit] として指定します。

  • [Input type][Integer] に設定した場合、入力はスカラー値または列ベクトルにでき、その長さは入力シンボルの数です。

  • [Input type][Bit] とした場合、入力幅は 2 の整数倍でなければなりません。

出力サンプル周期は入力の各整数またはビット ペアを Samples per symbol で除算した周期です。

信号コンスタレーションのビット マッピング。[Gray][Binary]、または 0 から 3 までの整数の値をもつ 4 要素のカスタム数値ベクトルとして指定します。

設定整数のコンスタレーション マッピングビットのコンスタレーション マッピングコメント

Gray

信号コンスタレーションのマッピングは、グレイ符号化されます。

Binary

入力整数 m (0 ≤ m ≤ 3) の信号コンスタレーションのマッピングは、複素数値 e(j*(PhaseOffset+π/4) + j*2*π*m/4) です。

0 から 3 までの整数の値をもつ 4 要素のカスタム数値ベクトル

要素 [a b c d] は、値のセット [0, 1, 2, 3] (順序は任意) で構成しなければなりません。

π/4 からの位相オフセット。ラジアン単位のスカラーとして指定します。位相オフセットは、直交成分の遅延前に信号コンスタレーションの 0 番目の点に適用されます。OQPSK 虚数部遅延後、信号は力率 1 で正規化されます。

例: [Phase offset (rad)]pi/4 に設定すると、QPSK 信号コンスタレーション点の 0 番目の点が座標軸上で {(1,0), (0,j), (-1,0), (0,-j)} に配置されます。

ブロック マスクで [View Constellation] をクリックして、指定したブロック パラメーターの信号コンスタレーションを可視化します。コンスタレーションを表示する前に、パラメーターの設定を適用します。詳細については、変調器ブロックのコンスタレーションの表示を参照してください。

メモ

表示されるコンスタレーションには、OQPSK 変調器によって生じる IQ 遅延は描かれません。

Filtering

パルス整形のフィルター処理を次から選択します。[Half sine][Normal raised cosine][Root raised cosine]、または [Custom]

レイズド コサイン フィルターのロールオフ係数。[0, 1] の範囲でスカラーとして指定します。

依存関係

このプロパティは、Pulse shape[Normal raised cosine] または [Root raised cosine] の場合に有効になります。

シンボル内のフィルターの長さ。スカラーとして指定します。理想的なレイズド コサイン フィルターの実現には、インパルス応答が無限に必要となります。しかし、このフィルターの実践的な実装を実現するため、オブジェクトは [Filter span (in symbols)] シンボルに対するインパルス応答を切り捨てます。

依存関係

このプロパティは、Pulse shape[Normal raised cosine] または [Root raised cosine] の場合に有効になります。

FIR フィルター分子。行ベクトルとして指定します。

依存関係

このパラメーターは、Pulse shape[Custom] の場合に有効になります。

シンボルあたりのサンプル数。正の偶数の整数として指定します。

その他のパラメーター

  • Enforce single-rate processing — 入力信号と出力信号の端子サンプル時間を同じにしてモデルを実行します。ブロックは、出力のサイズを入力と比較して変更することによって、レートを変更します。整数入力の場合、出力幅は、シンボル数の Samples per symbol 倍と同じです。

    詳細については、Single-Rate Processing with OQPSK Modulator Block を参照してください。

  • Allow multirate processing — モデルを実行します。入力信号と出力信号において異なる端子サンプル時間を許容します。出力サンプル時間は、シンボル周期を Samples per symbol で除算したものと同じです。

詳細については、Single-Rate Processing with OQPSK Modulator Block を参照してください。

出力データ型を double または single として選択します。

ブロックの特性

データ型

Boolean | double | integer | single

多次元信号

なし

可変サイズの信号

なし

詳細

すべて展開する

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

バージョン履歴

R2006a より前に導入