Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

BPSK Modulator Baseband

BPSK メソッドを使った信号の変調

  • ライブラリ:
  • Communications Toolbox / Modulation / Digital Baseband Modulation / PM

    Communications Toolbox HDL Support / Modulation / PM

  • BPSK Modulator Baseband block

説明

BPSK Modulator Baseband ブロックは、2 位相シフト キーイング (BPSK) メソッドを使用して信号を変調します。出力は、変調信号のベースバンド表現です。

入力信号は離散時間バイナリ値の信号でなければなりません。入力ビットが 0 または 1 の場合、変調されたシンボルはそれぞれ exp(jθ) または -exp(jθ) になり、ここで、θ は [Phase offset (rad)] パラメーターを表します。

端子

入力

すべて展開する

入力信号。スカラーまたはベクトルとして指定します。

  • スカラーを指定する場合、0 から M – 1 までの整数でなければなりません。ここで、M は変調次数です。

  • ベクトルを指定する場合、要素は 0 から M-1 までの整数またはバイナリ値のいずれかでなければなりません。バイナリ ベクトルを指定する場合、要素の数は、シンボルあたりのビット数の整数倍でなければなりません。シンボルあたりのビット数は log2(M) と等しくなります。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean

出力

すべて展開する

BPSK 変調されたベースバンド信号。複素スカラーまたは複素数値のベクトルとして返されます。

データ型: single | double | fixed point
複素数のサポート: あり

パラメーター

すべて展開する

コンスタレーションの 0 番目の点の位相に対する有限の実数値スカラーをラジアン単位で指定します。

例: pi/4

出力のデータ型。このパラメーターを固定小数点数オプションのいずれか、または [<data type expression>] に設定して、追加の詳細を指定するためのパラメーターを有効にします。このパラメーターを [Inherit via back propagation] に設定すると、出力データ型とスケーリングがモデルの後続のブロックと一致します。

ブロックの特性

データ型

Boolean | double | fixed point[a][b] | integer | single

多次元信号

なし

可変サイズの信号

あり

[a] ufix(ceil(log2(M))) のみが M-ary 変調への入力です。

[b] 固定小数点出力は符号付きでなければなりません。

ヒント

BPSK Modulator Baseband ブロックは、ブロック マスクからコンスタレーションを可視化する機能を提供します。このコンスタレーションの可視化機能を使用すると、特定のブロック パラメーターのコンスタレーションを可視化できます。詳細については、『Communications Toolbox™ ユーザー ガイド』のコンスタレーションの可視化の節を参照してください。

アルゴリズム

位相変調は線形ベースバンド変調手法で、この手法ではメッセージにより定振幅信号の位相を変調します。2 位相シフト キーイング (BPSK) は 2 つの位相の変調方式であり、バイナリ メッセージの 0 と 1 は搬送信号において 2 つの異なる位相状態で表されます。

sn(t)=2EbTbcos(2πfct+ϕn),

の場合に次であるとします。

  • Eb はビットあたりのエネルギーです。

  • Tb はビットの持続時間です。

  • fc は搬送周波数です。

MATLAB® では、BPSK 信号のベースバンド表現は次のようになります。

BPSK 信号は 2 つの位相をもちます。0 と π です。

AWGN チャネルのビット誤りの確率は次のようになります。

ここで、N0 はノイズ パワー スペクトル密度です。

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入