Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

comm.BPSKModulator

BPSK メソッドを使って変調する

説明

BPSKModulator オブジェクトは、2 位相シフト キーイング メソッドを使用して変調します。出力は、変調信号のベースバンド表現です。

バイナリ位相シフト信号を変調するには、次を行います。

  1. comm.BPSKModulator オブジェクトを作成し、そのプロパティを設定します。

  2. 関数と同様に、引数を指定してオブジェクトを呼び出します。

System object の機能の詳細については、System object とはを参照してください。

作成

説明

bpskmod = comm.BPSKModulator は、2 位相シフト キーイング (BPSK) メソッドを使用して入力信号を変調する、変調器 System object™ bpskmod を作成します。

bpskmod = comm.BPSKModulator(Name,Value) は、指定の各プロパティが指定の値に設定された BPSK 変調器オブジェクト bpskmod を作成します。(Name1,Value1,...,NameN,ValueN) のように、追加の名前と値のペアの引数を任意の順番で指定できます。

bpskmod = comm.BPSKModulator(phase,Name,Value) は、BPSK 変調器オブジェクト bpskmod を作成します。オブジェクトの PhaseOffset プロパティは phase に、他の指定プロパティは指定の値に設定されています。

プロパティ

すべて展開する

特に指定がない限り、プロパティは "調整不可能" です。つまり、オブジェクトの呼び出し後に値を変更することはできません。オブジェクトは呼び出すとロックされ、ロックを解除するには関数 release を使用します。

プロパティが "調整可能" の場合、その値をいつでも変更できます。

プロパティ値の変更の詳細については、System object を使用した MATLAB でのシステム設計を参照してください。

コンスタレーションの 0 番目の点の位相 (ラジアン単位)。有限実数スカラーとして指定します。

出力データ型。doublesingle、または Custom として指定します。

固定小数点プロパティ

出力の固定小数点データ型。Auto の符号属性の numerictype (Fixed-Point Designer) オブジェクトとして指定します。

依存関係

このプロパティは、OutputDataType プロパティを 'Custom' に設定した場合に適用されます。

使用法

説明

waveform = bpskmod(data) は BPSK 変調を入力データに適用し、変調された BPSK ベースバンド信号を返します。

入力引数

すべて展開する

入力データ。列ベクトルまたは行列として指定します。

データ型: double

出力引数

すべて展開する

BPSK 変調されたベースバンド信号。入力信号と同じサイズの列ベクトルまたは行列として返されます。

データ型: double
複素数のサポート: あり

オブジェクト関数

オブジェクト関数を使用するには、System object を最初の入力引数として指定します。たとえば、obj という名前の System object のシステム リソースを解放するには、次の構文を使用します。

release(obj)

すべて展開する

constellation理想的なコンスタレーションの計算またはプロット
stepSystem object のアルゴリズムの実行
releaseリソースを解放し、System object のプロパティ値と入力特性の変更を可能にします。
resetSystem object の内部状態のリセット

すべて折りたたむ

この例では、バイナリ データを作成し、変調して、散布図を使用してデータを表示します。

バイナリ データ シンボルを作成する

data = randi([0 1],100,1);

BPSK 変調器 System object を作成する

bpskModulator = comm.BPSKModulator;

位相オフセットを pi/16 に変更する

bpskModulator.PhaseOffset = pi/16;

データを変調してプロットする

modData = bpskModulator(data);
scatterplot(modData)

アルゴリズム

位相変調は線形ベースバンド変調手法で、この手法ではメッセージにより定振幅信号の位相を変調します。2 位相シフト キーイング (BPSK) は 2 つの位相の変調方式であり、バイナリ メッセージの 0 と 1 は搬送信号において 2 つの異なる位相状態で表されます。

sn(t)=2EbTbcos(2πfct+ϕn),

の場合に次であるとします。

  • ϕn = πm, m∈{0,1}.

  • Eb はビットあたりのエネルギーです。

  • Tb はビットの持続時間です。

  • fc は搬送周波数です。

MATLAB® では、BPSK 信号のベースバンド表現は次のようになります。

sn(t)=eiϕn=cos(πn).

BPSK 信号は 2 つの位相をもちます。0 と π です。AWGN チャネルのビット誤りの確率は次のようになります。

Pb=Q(2EbN0),

ここで、N0 はノイズ パワー スペクトル密度です。

拡張機能

R2012a で導入