Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

DBPSK Modulator Baseband

差動 2 位相シフト キーイング メソッドを使用して変調する

ライブラリ

Modulation の Digital Baseband サブライブラリ内の PM

  • DBPSK Modulator Baseband block

説明

DBPSK Modulator Baseband ブロックは、差動 2 位相シフト キーイング メソッドを使用して変調します。出力は、変調信号のベースバンド表現です。

このブロックは、スカラーまたは列ベクトルの入力信号を受け入れます。入力は離散時間バイナリ値の信号でなければなりません。各ブロック端子でサポートされるデータ型については、サポートされているデータ型を参照してください。

[Phase rotation] パラメーターが θ の場合、この変調メソッドは次のルールに影響を与えます。

  • 1 番目の入力ビットがそれぞれ 0 または 1 の場合、1 番目に変調されたシンボルはそれぞれ exp(jθ) または -exp(jθ) になります。

  • 後続の入力ビットがそれぞれ 0 または 1 の場合、変調されたシンボルは以前に変調されたシンボルにそれぞれ exp(jθ) または -exp(jθ) を掛けた値になります。

ダイアログ ボックス

Phase rotation (rad)

入力が 0 の場合の以前の変調されたシンボルと現在の変調されたシンボルの位相差。

Output Data type

出力データ型は、single または double のいずれかです。既定の設定では、ブロックはこれを double に設定します。

サポートされているデータ型

端子サポートされているデータ型

入力

  • 倍精度浮動小数点

  • 単精度浮動小数点

  • boolean

  • 8、16、32 ビット符号付き整数

  • 8、16、32 ビット符号なし整数

出力

  • 倍精度浮動小数点

  • 単精度浮動小数点

ペア ブロック

DBPSK Demodulator Baseband

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入