Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

M-DPSK Modulator Baseband

M-ary 差分位相シフト キーイング法を用いた変調

ライブラリ

Modulation の Digital Baseband サブライブラリ内の PM

  • M-DPSK Modulator Baseband block

説明

M-DPSK Modulator Baseband ブロックは、M-ary 差分位相シフト キーイング法を使用して変調します。出力は、変調信号のベースバンド表現です。[M-ary number] パラメーター M は、特定の出力シンボルの直後に出力できるシンボルの数です。

入力は離散時間信号でなければなりません。整数入力の場合、このブロックが受け入れられるデータ型は、int8uint8int16uint16int32uint32single、および double です。ビット入力の場合、このブロックが受け入れられるのは、int8uint8int16uint16int32uint32booleansingle、および double です。

入力は、シンボルにバイナリ マッピングかグレイ マッピングされるビットまたは整数です。

このブロックは列ベクトルの入力信号を受け入れます。ビット入力の場合、入力幅はシンボルあたりのビット数の整数倍でなければなりません。

整数値信号とバイナリ値信号

[Input type] パラメーターを [Integer] に設定した場合、有効な入力値は 0 と M-1 の間の整数です。この場合、入力はスカラーまたはフレームベースの列ベクトルのいずれの値も取り得ます。最初の入力が k1 の場合は、変調されたシンボルは次のようになります。

exp(jθ+j2πk1m)

ここで θは [Phase rotation] パラメーターです。次の入力が k の場合は、変調されたシンボルは次のようになります。

exp(jθ+j2πkm)(previous modulated symbol)

[Input type] パラメーターが [Bit] に設定されている場合、ブロックは整数を示すバイナリ値入力を受け入れます。ブロックは、受け取ったバイナリ値信号を、K = log2(M) ビットのグループに集約します。

ここで、

K は、シンボルごとのビット数を表します。

入力ベクトルの長さは K の整数倍でなければなりません。この設定では、ブロックは K ビットのグループを受け入れ、そのグループをブロック出力でシンボルにマッピングします。ブロックは K ビットのグループごとに、変調されたシンボルを 1 つ出力します。

入力できるのは、長さが K の整数倍の列ベクトルです。

バイナリ入力モードの場合、[Constellation ordering] パラメーターは、ブロックが K 入力ビットのグループを対応する位相差にマップする方法を指定します。[Binary] オプションでは通常のバイナリと整数のマッピングが使用されますが、[Gray] オプションではグレイ符号の位相差割り当てが使用されます。たとえば、次の表は [Binary][Gray] オプションの、3 ビット入力に対する位相差の割り当てを示します。θ は [Phase offset] パラメーターです。位相差は、前のシンボルと現在のシンボルの間のものです。

現在の入力2 値符号の位相差グレイ符号化の位相差
[0 0 0]
[0 0 1] jθ + jπ/4 jθ + jπ/4
[0 1 0] jθ + jπ2/4 jθ + jπ3/4
[0 1 1] jθ + jπ3/4 jθ + jπ2/4
[1 0 0] jθ + jπ4/4 jθ + jπ7/4
[1 0 1] jθ + jπ5/4 jθ + jπ6/4
[1 1 0] jθ + jπ6/4 jθ + jπ4/4
[1 1 1] jθ + jπ7/4 jθ + jπ5/4

[Binary][Gray] オプションの詳細は、M-PSK Modulator Baseband ブロックのリファレンス ページを参照してください。このブロックのコンスタレーションが、このブロックの位相差の配置に対応します。

ダイアログ ボックス

M-ary number

特定の出力シンボルの直後に出力できるシンボルの数です。

Input type

入力が整数で構成されるかビットのグループで構成されるかを示します。このパラメーターを [Bit] に設定した場合、K を正の整数値として、[M-ary number] は 2K でなくてはなりません。

Constellation ordering

ブロックが入力ビットの各グループを対応する整数にマップする方法を指定します。

Phase rotation (rad)

入力が 0 の場合の以前の変調されたシンボルと現在の変調されたシンボルの位相差。

Output data type

出力データ型は、single または double のいずれかです。既定の設定では、ブロックはこれを double に設定します。

サポートされているデータ型

端子サポートされているデータ型

入力

  • 倍精度浮動小数点

  • 単精度浮動小数点

  • Boolean (バイナリ入力モードのみ)

  • 8、16、32 ビット符号付き整数

  • 8、16、32 ビット符号なし整数

出力

  • 倍精度浮動小数点

  • 単精度浮動小数点

ペア ブロック

M-DPSK Demodulator Baseband

参考文献

[1] Pawula, R. F., "On M-ary DPSK Transmission Over Terrestrial and Satellite Channels," IEEE Transactions on Communications, Vol. COM-32, July 1984, 752-761.

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入