Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

M-DPSK Demodulator Baseband

DPSK 変調データの復調

ライブラリ

Modulation の Digital Baseband サブライブラリ内の PM

  • M-DPSK Demodulator Baseband block

説明

M-DPSK Demodulator Baseband ブロックは、M-ary 差分位相シフト キーイング法を用いて変調された信号を復調します。入力は、変調信号のベースバンド表現です。このブロックの入力と出力はともに離散時間信号です。このブロックは、スカラー値または列ベクトルの入力信号を受け入れます。各ブロックの端子でサポートされるデータ型については、このページのサポートされているデータ型の表を参照してください。

[M-ary number] パラメーター M は、特定の出力シンボルの直後に出力できるシンボルの数です。ブロックは現在のシンボルを前のシンボルと比較します。ブロックの最初の出力は、前に存在するシンボルがないため、初期条件のゼロ ([Output type] パラメーターが [Bit] の場合は一連のゼロ) です。

整数値信号とバイナリ値信号

[Output type] パラメーターが [Integer] に設定されている場合、ブロックは次の位相差を

θ + 2πk/M

k に復調します。ここで θは [Phase rotation] パラメーター、k は 0 と M-1 の間の整数です。

[Output type] パラメーターが [Bit] に設定されている場合、ブロックは整数を示すバイナリ値信号を出力します。ブロックによる各整数の表現には、K をシンボルごとのビット数として、K = log2(M) のグループが使用されます。出力ベクトルの長さは K の整数倍でなければなりません。

バイナリ出力モードの場合、シンボルはバイナリ デマッピングと Gray デマッピングのいずれかです。[Constellation ordering] パラメーターは、ブロックが整数を対応する K 出力ビットのグループにマップする方法を示します。詳細は M-DPSK Modulator Baseband および M-PSK Modulator Baseband ブロックのリファレンス ページを参照してください。

ダイアログ ボックス

M-ary number

特定のシンボルの直後に出力できる変調されたシンボルの数です。

Output type

出力が整数で構成されるか、ビットのグループで構成されるかを決めます。

Constellation ordering

ブロックが各整数を出力ビットのグループに割り当てる方法を決めます。

Phase rotation (rad)

現在と前の変調されたシンボルの位相差で、結果としてゼロの出力になります。

Output data type

パラメーターを 'Inherit via internal rule' (既定の設定) に設定した場合、ブロックは出力のデータ型を入力端子から継承します。入力が single または double 型の場合、出力のデータ型は入力のデータ型と同じになります。

整数出力の場合、このブロックが扱えるデータ型は、int8uint8int16uint16int32uint32single、および double です。ビット出力の場合、出力は、int8uint8int16uint16int32uint32booleansingle、または double に設定できます。

サポートされているデータ型

端子サポートされているデータ型

入力

  • 倍精度浮動小数点

  • 単精度浮動小数点

出力

  • 倍精度浮動小数点

  • 単精度浮動小数点

  • Boolean ([Output type][Bit] の場合)

  • 8、16、32 ビット符号付き整数

  • 8、16、32 ビット符号なし整数

ペア ブロック

M-DPSK Modulator Baseband

参考文献

[1] Pawula, R. F., "On M-ary DPSK Transmission Over Terrestrial and Satellite Channels," IEEE Transactions on Communications, Vol. COM-32, July 1984, 752-761.

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入