Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

BPSK Demodulator Baseband

BPSK 変調されたデータを復調する

  • ライブラリ:
  • Communications Toolbox / Modulation / Digital Baseband Modulation / PM

    Communications Toolbox HDL Support / Modulation / PM

  • BPSK Demodulator Baseband block

説明

BPSK Demodulator Baseband ブロックは、2 位相シフト キーイング メソッドを使用して変調された信号を復調します。入力は、変調信号のベースバンド表現です。このブロックは、スカラーまたは列ベクトルの入力信号を受け入れます。入力信号は離散時間の複素信号でなければなりません。この場合 θ は [Phase offset] パラメーターです。

端子

入力

すべて展開する

BPSK 変調された信号。スカラー、ベクトルまたは行列として指定します。この入力が行列の場合、各列が個別のチャネルとして扱われます。

データ型: double | single | fixed point
複素数のサポート: あり

出力

すべて展開する

復調した信号。スカラーまたはベクトルとして返されます。出力がスカラーの場合、値は整数です。出力がベクトルの場合、これは整数値またはバイナリ値のベクトルです。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean

パラメーター

すべて展開する

[Decision type] パラメーターを Hard decision に設定した場合、このパラメーターを Inherit via internal ruleSmallest unsigned integerdoublesingleint8uint8int16uint16int32uint32、または boolean に設定できます。

このパラメーターを Inherit via internal rule に設定した場合、ブロックは出力のデータ型を入力端子から継承します。入力が浮動小数点型 (single または double) の場合、出力のデータ型は入力のデータ型と同じになります。入力データ型が固定小数点の場合、出力データ型はこのパラメーターが Smallest unsigned integer に設定されているかのように動作します。

このパラメーターを Smallest unsigned integer に設定すると、ブロックは、モデルの [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ハードウェア実行] ペインで使用されている設定に基づいて出力データ型を選択します。[ハードウェア実行] ペインで ASIC/FPGA を選択すると、出力データ型は理想的な最小 1 ビット サイズ、つまり ufix(1) になります。その他の選択肢を選んだ場合、出力データ型は、1 ビットに収まるうちで最小の語長となる符号なし整数です。この値は通常、文字のサイズ (uint8 など) に対応します。

逆回転ファクター。[Same word length as input] または [Specify word length] として指定されます。このパラメーターは、入力が固定小数点であり、[Phase offset] (rad) パラメーターが π/2 の倍数でないときにだけ適用されます。

復調で使用される判定タイプ。[Hard decision][Log-likelihood ratio] または [Approximate log-likelihood ratio] として指定されます。[Log-likelihood ratio][Approximate log-likelihood ratio] を選択するときの出力値は入力値と同じデータ型です。アルゴリズムの詳細については、『Communications Toolbox™ ユーザー ガイド』の厳密な LLR アルゴリズムおよび近似 LLR アルゴリズムを参照してください。

ノイズ分散ソース。[Dialog] または [Port] として指定します。

[Noise variance] パラメーターを使用してノイズ分散を指定する場合は、Dialog を選択します。ノイズ分散を入力する端子を有効にするには、Port を選択します。

このパラメーターは、入力信号のノイズ分散を指定します。このパラメーターはノーマル モード、アクセラレータ モード、およびラピッド アクセラレータ モードで調整可能です。

Simulink® Coder™ ラピッド シミュレーション (RSIM) ターゲットを使用して RSIM 実行可能ファイルを作成する場合は、モデルを再コンパイルせずにパラメーターを調整できます。これは、異なる量のノイズでシミュレーションを複数回 (おそらく複数のコンピューターで) 実行するモンテ カルロ シミュレーションの場合に便利です。

LLR アルゴリズムには、有限の精度で極度に大きいまたは小さい数値を扱う指数計算が含まれるため、次のような結果が得られます。

  • [Noise variance] が極度に大きい場合は、Inf から -Inf

  • [Noise variance] および信号強度がどちらも極度に小さい場合は、NaN

このような場合は、そのアルゴリズムに指数計算が含まれないように、近似 LLR を使用します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Noise variance source] パラメーターを Dialog に設定します。

0 番目の点の位相。実数値スカラーとして指定します。単位はラジアンです。

例: pi/4

出力のデータ型。次のいずれかのオプションとして指定します。

  • Inherit via internal rule

  • Smallest unsigned integer

  • double

  • single

  • int8

  • uint8

  • int16

  • uint16

  • int32

  • uint32

  • boolean

[Decision type] パラメーターを次に設定する場合

  • Hard decision では、このパラメーターを Inherit via internal ruleSmallest unsigned integerdoublesingleint8uint8int16uint16int32uint32、または boolean に設定できます。

  • Inherit via internal rule (既定) では、このブロックは出力データ型を入力端子から継承します。入力が浮動小数点型 (single または double) の場合、出力のデータ型は入力のデータ型と同じになります。入力データ型が固定小数点の場合、出力データ型はこのパラメーターが Smallest unsigned integer に設定されているかのように動作します。

  • Smallest unsigned integer では、ブロックは、モデルの [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ハードウェア実行] ペインで使用されている設定に基づいて出力データ型を選択します。[ハードウェア実行] ペインで ASIC/FPGA を選択すると、出力データ型は理想的な最小 1 ビット サイズ、つまり ufix(1) になります。その他の選択肢を選んだ場合、出力データ型は、1 ビットに収まるうちで最小の語長となる符号なし整数とされ、通常は対応する文字のサイズとなります (たとえば、uint8)。

  • Log-likelihood ratio または Approximate log-likelihood ratio では、ブロックは出力データ型を入力から継承します (たとえば、入力のデータ型が double である場合は、出力のデータ型も double)。

ブロックの特性

データ型

Boolean | double | fixed point[a][b] | integer | single

多次元信号

なし

可変サイズの信号

あり

[a] 固定小数点入力は符号付きでなければなりません。

[b] [ハードウェア実行] ペインで ASIC/FPGA が選択されている場合のみ、出力は ufix(1) です。

アルゴリズム

トリビアル位相オフセット用硬判定 BPSK 復調器信号図 (π/2 の倍数)

非トリビアル位相オフセット用硬判定 BPSK 復調浮動小数点図

非トリビアル位相オフセット用硬判定 BPSK 復調固定小数点図

厳密な LLR および近似 LLR ケース (軟判定) の詳細については、『Communications Toolbox ユーザー ガイド』の厳密な LLR アルゴリズムおよび近似 LLR アルゴリズムを参照してください。

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入