Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

AWGN Channel

ホワイト ガウス ノイズの入力信号への付加

  • ライブラリ:
  • Communications Toolbox / Channels

  • AWGN Channel block

説明

AWGN Channel ブロックは入力信号にホワイト ガウス ノイズを付加します。サンプル時間を入力信号から継承します。

端子

入力

すべて展開する

入力信号。NS 行 1 列のベクトルまたは NS 行 NC 列の行列として指定します。

NS は、入力信号中のサンプルの数を示します。NC は、チャネル数を示します。これは、入力信号行列の列数で決まります。NS と NC はどちらも 1 にできます。

このブロックで、長さ NS のガウス ノイズがチャネルごとに異なる無作為の分布を使用して、それぞれの NC チャネルに追加されます。

データ型: double | single
複素数のサポート: あり

加法性ホワイト ガウス ノイズの分散。正のスカラーまたは 1 行 NC 列のベクトルとして指定します。NC は、チャネル数を示します。これは、入力信号行列の列数で決まります。詳細については、分散の直接または間接指定を参照してください。

依存関係

この端子を有効にするには、モード, ModeモードMode[Variance from port] に設定します。

データ型: double

出力

すべて展開する

AWGN チャネルの出力データ信号。ベクトルまたは行列として返されます。Out のデータ型および次元は、入力信号 In, InInIn と一致するデータ型および次元を出力します。

パラメーター

すべて展開する

ノイズ ジェネレーター初期シード。正のスカラーまたは 1 行 NC 列のベクトルとして指定します。

このブロックは Random Source ブロックを使用してノイズを生成します。Ziggurat メソッド (V5 RANDN アルゴリズム) を使用して、乱数が生成されます。シミュレーションを再実行するたびにブロックは同じ初期シードを再利用するため、シミュレーションを実行するたびにこのブロックは同じ信号を出力します。

入力信号が複素数の場合、ブロックは、次のようにランダム データを作成します。

randData = randn(2*NS,NC) 
noise = randData(1:2:end) + 1i(randData(2:2:end))
NS は、サンプルの数です。NC は、チャネルの数です。

各 DLL ビルドに、異なるシード値を指定することもできます。

調整可能: Yes

分散モード。[Signal to noise ratio (Eb/No)][Signal to noise ratio (Es/No)][Signal to noise ratio (SNR)][Variance from mask]、または [Variance from port] として指定します。詳細は、Eb/No、Es/No、および SNR モード間の関係分散の直接または間接指定を参照してください。

ノイズ パワー スペクトル密度に対する、シンボルあたりの情報ビット エネルギーの比 (dB 単位)。スカラーまたはベクトルで指定します。情報ビット エネルギーは、チャネル符号化なしの振幅です。

調整可能: Yes

依存関係

このパラメーターを有効にするには、モード, ModeモードModeEb/No に設定します。

ノイズ パワー スペクトル密度に対する、シンボルあたりの情報シンボル ビット エネルギーの比 (dB 単位)。スカラーまたはベクトルで指定します。情報ビット エネルギーは、チャネル符号化なしの振幅です。

調整可能: Yes

依存関係

このパラメーターを有効にするには、モード, ModeモードModeEs/No に設定します。

ノイズ パワーに対する信号強度の比 (dB 単位)。スカラーまたはベクトルで指定します。

調整可能: Yes

依存関係

このパラメーターを有効にするには、モード, ModeモードModeSNR に設定します。

各入力シンボルあたりのビット数。スカラーまたはベクトルとして指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、モード, ModeモードModeEb/No に設定します。

ワット単位の入力信号の平均二乗電力。スカラーまたはベクトルで指定します。

  • [モード, ModeモードMode] が [Eb/No] または [Es/No] の場合、パラメーターは入力シンボルの平均二乗電力です。

  • [Mode] が [SNR] の場合、このパラメーターは、入力サンプルの平均二乗電力です。

調整可能: Yes

依存関係

このパラメーターを有効にするには、ModeEb/NoEs/No、または SNR に設定します。

情報チャネル シンボルの持続時間 (秒単位)。正のスカラーまたはベクトルとして指定します。情報チャネルの持続時間は、チャネル符号化なしで測定されます。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、モード, ModeモードModeEb/No または Es/No に設定します。

ホワイト ガウス ノイズの分散。スカラーまたはベクトルとして指定します。詳細については、分散の直接または間接指定を参照してください。

調整可能: Yes

依存関係

このパラメーターを有効にするには、モード, ModeモードModeVariance from mask に設定します。

ブロックの特性

データ型

double | single

多次元信号

なし

可変サイズの信号

なし

ヒント

  • ノーマル モード、アクセラレータ モード、またはラピッド アクセラレータ モードでパラメーターを調整できます。

  • 特に指定がない限り、パラメーターは "調整不可能" です。

    • 調整不可能なパラメーターについて Simulink® Coder™ ラピッド シミュレーション (RSIM) ターゲットを使用して RSIM 実行可能ファイルを作成する場合、モデルを再コンパイルすることなく、それらの値を変更することはできません。

    • パラメーターが "調整可能" の場合、その値をいつでも変更できます。これは、異なる量のノイズでシミュレーションを複数回 (複数のコンピューターなどで) 実行するモンテ カルロ シミュレーションの場合に便利です。

アルゴリズム

すべて展開する

参照

[1] Proakis, John G. Digital Communications. 4th Ed. McGraw-Hill, 2001.

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入