Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Eye Diagram Scope

時間領域信号のアイ ダイアグラムの表示

  • ライブラリ:
  • Communications Toolbox / Comm Sinks

    Communications Toolbox HDL Support / Comm Sinks

    Mixed-Signal Blockset / Utilities

    SerDes Toolbox / Utilities

説明

Eye Diagram ブロックは変調された信号の複数のトレースを表示して、アイ ダイアグラムを生成します。このブロックを使用して、パルス整形やチャネル歪みの影響などの信号の変調特性を表示できます。詳細は、アイ ダイアグラム解析 を参照してください。

Eye Diagram ブロックの入力端子は 1 つです。このブロックは列ベクトルまたはスカラー入力信号を受け入れます。このブロックは、double、single、基本整数型および固定小数点型の各データ型の信号を受け入れます。すべてのデータ型は、ブロックが結果を表示する前に double にキャストされます。

アイ ダイアグラムの表示を変更するには、[View][Configuration Properties] を選択するか、[Configuration Properties] ボタン () をクリックします。次に、[メイン][2D color histogram][Axes] または [Export] タブを選択し、設定を変更します。

端子

入力

すべて展開する

入力信号。スカラーまたは列ベクトルとして指定します。

データ型: double

パラメーター

すべて展開する

[メイン] タブ

アイ ダイアグラムの表示モード。[Line plot] または [2D color histogram] として指定します。[2D color histogram] を選択すると、[Histogram] タブが使用可能になります。

調整可能: Yes

このチェック ボックスをオンにすると、入力信号のアイの測定が有効になります。

このラジオ ボタンを選択して、ジッター ヒストグラムを表示します。ツール バーの [Histogram] ボタンのドロップ ダウンを使用してアクセスすることもできます。

依存関係

このパラメーターは [Display mode][2D color histogram][Enable measurements] が選択されているときに使用できます。

このラジオ ボタンを選択して、ノイズ ヒストグラムを表示します。ツール バーの [Histogram] ボタンのドロップ ダウンを使用してアクセスすることもできます。

依存関係

このパラメーターは [Display mode][2D color histogram][Enable measurements] が選択されているときに使用できます。

ヒストグラム ノイズもヒストグラム ジッターも表示しない場合はこのラジオ ボタンを選択します。

依存関係

このパラメーターは [Display mode][2D color histogram][Enable measurements] が選択されているときに使用できます。

このチェック ボックスを選択して、水平方向のバスタブ曲線を表示します。ツール バーの [Bathtub Curve] ボタンを使用してアクセスすることもできます。

依存関係

このパラメーターは、[Enable measurements] を選択した場合に使用できます。

このチェック ボックスを選択して、垂直方向のバスタブ曲線を表示します。ツール バーの [Bathtub Curve] ボタンを使用してアクセスすることもできます。

依存関係

このパラメーターは、[Enable measurements] を選択した場合に使用できます。

[Real only] または [Real and imaginary] のいずれかを選択して片方または両方のアイ ダイアグラムを表示します。アイの測定を行う場合、このパラメーターは [Real only] でなければなりません。

調整可能: Yes

このチェック ボックスをオンにすると、画面上に最初にプロットされた点からの時間間隔が開くにつれて点の色が薄くなります。

調整可能: Yes

依存関係

このパラメーターは、[Display mode][Line plot] のときにのみ使用できます。

シンボルあたりのサンプル数。正の整数として指定します。[Symbols per trace] と共に使用して、トレースあたりのサンプルの数を決めます。

調整可能: Yes

サンプル オフセット。[Samples per symbol][Symbols per trace] の積より小さい非負の整数として指定します。このオフセットは最初の点をプロットする前に省略するサンプル数を指定します。

調整可能: Yes

トレースあたりにプロットされるシンボルの数。正の整数で指定します。

調整可能: Yes

プロットされるトレースの数。正の整数として指定します。

調整可能: Yes

依存関係

このパラメーターは、[Display mode][Line plot] のときにのみ使用できます。

[Axes] タブ

アイ ダイアグラム プロットの上部に表示されるラベル。

調整可能: Yes

このチェック ボックスでグリッドのオンとオフを切り替えます。

調整可能: Yes

y 軸の最小値。

調整可能: Yes

y 軸の最大値。

調整可能: Yes

スコープで実数軸に表示されるテキスト。

調整可能: Yes

スコープで虚軸に表示されるテキスト。

調整可能: Yes

[2D Histogram] タブ

[2D Histogram] タブは、[Histogram] ボタンをクリックするか、表示モードが [2D color histogram] に設定されている場合に使用できます。

オーバーサンプリング方式。[None][Input interpolation] または [Histogram interpolation] として指定します。

できるだけ迅速にアイ ダイアグラムをプロットするには、[Oversampling method][None] に設定します。オーバーサンプリングを行わないことの難点は、トレースあたりのサンプル数が少ない場合にプロットがピクセル化して見えることです。使用するトレースあたりのサンプル数が少ない場合に、より滑らかでピクセル化の少ないプロットを作成するには、[Oversampling method][Input interpolation] または [Histogram interpolation] に設定します。この 2 つの内挿法では [Input interpolation] の方が高速であり、また S/N 比 (SNR) が高い場合には良好な結果が得られます。SNR が低い場合には各ヒストグラムの範囲の中心方向へのバイアスが生じるため、このオーバーサンプリング方式は推奨されません。[Histogram interpolation] は他の手法ほど高速ではありませんが、SNR が低い場合でも良好な結果が得られます。

調整可能: Yes

ヒストグラム プロットのカラー スケール。[Linear] または [Logarithmic] として指定します。アイ ダイアグラムの特定の領域に不均衡な数の点が含まれている場合には、[Color scale][Logarithmic] に設定します。

調整可能: Yes

ツール バーにはヒストグラム リセット ボタン があります。このボタンをクリックすると、内部のヒストグラム バッファーがリセットされて、表示がクリアされます。このボタンは、表示モードが [Line plot] に設定されているときには使用できません。

[Export] タブ

このチェック ボックスを選択すると、アイ ダイアグラム測定が MATLAB® ワークスペースにエクスポートされます。

調整可能: Yes

アイ ダイアグラム測定の保存先の変数名を指定します。データは以下のフィールドをもつ構造体として保存されます。

  • MeasurementSettings

  • Measurements

  • JitterHistogram

  • NoiseHistogram

  • HorizontalBathtub

  • VerticalBathtub

  • BlockName

調整可能: Yes

スタイル ダイアログ ボックス

[Style] ダイアログ ボックスでは、アクティブな表示領域のスタイルをカスタマイズできます。表示領域を含む Figure の色、表示軸の背景や前景の色、表示領域内のラインのプロパティを変更できます。このダイアログ ボックスを開くには、[View][Style] を選択します。

スコープ Figure の背景色を指定します。

座標軸の塗りつぶし色と線の色を指定します。

表示された信号の、ラインのスタイル、幅および色を指定します。

依存関係

このパラメーターは、[Display mode][Line plot] のときにのみ使用できます。

選択された信号のデータ点マーカー。この表のデータ点マーカーからいずれかを選択して指定します。このパラメーターは、MATLAB Handle Graphics® プロット オブジェクトの Marker プロパティとほぼ同等です。

指定子マーカー タイプ
なしマーカーなし (既定の設定)
正方形
十字
プラス記号
アスタリスク
菱形
下向き三角形
上向き三角形
左向き三角形
右向き三角形
星形五角形
星形六角形

依存関係

このパラメーターは、[Display mode][Line plot] のときにのみ使用できます。

ヒストグラム プロットのカラーマップを次のいずれかのスキームとして指定します。[Parula][Jet][HSV][Hot][Cool][Spring][Summer][Autumn][Winter][Gray][Bone][Copper][Pink][Lines]、または [Custom]Custom を選択した場合には、コードを入力して独自のカラーマップを指定できるダイアログ ボックスが表示されます。

依存関係

このパラメーターは、[Display mode][2D color histogram] のときにのみ使用できます。

[Measurement Settings] ペイン

測定設定を変更するには、まず、[Enable measurements] を選択します。次に、[Eye Measurements] ペインで、[Settings] の隣の矢印をクリックします。次の測定設定を制御できます。

アイパターン レベルを計算する時間範囲。2 要素ベクトルとして指定します。値はシンボル区間のパーセンテージとして表されます。

調整可能: Yes

振幅レベルのしきい値 (V)。スカラーとして指定します。このパラメーターは、水平 (ジッター) ヒストグラムの異なる信号領域を分離します。このパラメーターは調整可能ですが、パラメーターが変更されると、ジッター ヒストグラムがリセットされます。

非ゼロ復帰 (NRZ) 信号の場合は [Decision boundary] を 0 に設定します。ゼロ復帰 (RZ) 信号の場合は [Decision boundary] を最大振幅の半分に設定します。

調整可能: Yes

立ち上がりおよび立ち下がり遷移の振幅レベル。2 要素ベクトルとして指定します。これらの値はアイパターン振幅のパーセンテージとして表されます。このパラメーターは調整可能ですが、パラメーターが変更されると、立ち上がりおよび立ち下がりしきい値のクロッシング ヒストグラムがリセットされます。

調整可能: Yes

水平クロッシングの振幅許容誤差 (V)。スカラーとして指定します。ヒステリシスを増加させ、ノイズによるスプリアス クロッシングの許容誤差を大きくします。このパラメーターは調整可能ですが、パラメーターが変更されると、ジッターと立ち上がりおよび立ち下がりのヒストグラムがリセットされます。

調整可能: Yes

アイの測定に使用される BER。0 から 0.5 の非負のスカラーとして指定します。値は、ランダム ジッター、総ジッター、アイパターンの水平開口部およびアイパターンの垂直開口部を測定するために使用されます。

調整可能: Yes

バスタブ曲線の開口部を計算するための BER 値。0 から 0.5 の範囲の要素をもつベクトルとして指定します。アイパターンの水平開口部と垂直開口部は、このパラメーターで指定した各値に対して計算されます。

調整可能: Yes

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Show horizontal bathtub curve][Show vertical bathtub curve]、またはこれら両方を選択します。

測定から破棄される初期データの持続時間 (秒)。非負のスカラーとして指定します。

ブロックの特性

データ型

Boolean | double | enumerated | fixed point | integer | single

直接フィードスルー

なし

多次元信号

なし

可変サイズの信号

なし

ゼロクロッシング検出

なし

詳細

すべて展開する

拡張機能

参考

ブロック

オブジェクト

R2014a で導入