Main Content

Constellation Diagram

IQ 平面における入力信号の表示と解析

  • ライブラリ:
  • Communications Toolbox / Comm Sinks

    Communications Toolbox HDL Support / Comm Sinks

  • Constellation Diagram block

説明

Constellation Diagram ブロックは、実数および複素数値の浮動小数点信号および固定小数点信号を IQ 平面に表示します。このブロックを使用して、変調された単一搬送波信号の定性解析と定量解析を実行します。具体的には、IQ 平面は、変調信号の同相成分と直交成分を xy プロットの実軸と虚軸に表示します。

Constellation diagram displaying QSPK,16-QAM, and 8-DPSK signals, and signal quality measurements.

コンスタレーション ダイアグラム スコープ ウィンドウで、次のことができます。

  • 複数の信号を単一のコンスタレーション ダイアグラムに入力してプロットします。入力信号ごとに基準コンスタレーションを定義するには、[Reference Constellation] パラメーターを使用します。

  • 凡例で信号を選択することによって、個々のチャネルの表示と非表示を切り替えることができます。凡例を表示するには、[Plot] タブの [Legend] パラメーターを使用します。マルチチャネル信号の場合は、行列の列に個々の信号が定義された行列として入力を指定します。

  • 個々の信号について計算されたエラー ベクトル振幅 (EVM) と変調誤差比 (MER) の測定値を表示できます。測定値を表示および設定するには、[Measurements] タブで [EVM/MER] を選択します。複数の信号が入力される場合、[Channel] セクションで測定に使用する信号を選択できます。

端子

入力

すべて展開する

信号。Nsym 行 1 列の列ベクトルまたは Nsym 行 Nchannel 列の行列を構成する個別の引数として指定します。Nsym は信号の数、Nchannel は入力信号チャネルの数です。信号はデータ型と次元が異なる場合があります。

N 個の入力端子を指定しなければなりません。ここで、N は [Number of input ports] パラメーターの値です。コンスタレーション ダイアグラムには、最大 20 個の信号チャネルを個別に可視化することも、集合として可視化することもできます。たとえば、入力ごとに 2 チャネル信号を作成する場合は、最大 10 個の入力端子を定義できます。

例: [-1 + 1i; -1 - 1i; 1 + 1i; 1 - 1i] は 4 シンボルの入力信号を指定します。

データ型: double
複素数のサポート: あり

パラメーター

すべて展開する

プロット

[Plot] タブでは、コンスタレーション ダイアグラム構成の設定の調整、モデルのシミュレーション、プロットのスナップショットの作成、表示のコピー、および Figure の印刷を行うことができます。コンスタレーション ダイアグラム スコープに固有のパラメーターについて説明します。

[Configuration Plot Settings] ウィンドウを開くには、[Plot] タブで [Settings] をクリックします。このウィンドウには、データと軸、ラベル、色とスタイルを構成するパラメーターのサブセクションが含まれています。このページでは、コンスタレーション ダイアグラムに固有のパラメーターについて説明します。

Scope ブロック上の入力端子の数を、[1, 20] の範囲の整数として指定します。

入力信号チャネルの総数は 20 を超えることはできません。マルチチャネル入力信号を指定する場合、入力信号チャネルの総数によって入力端子の最大数が制限されます。

各シンボルを表現するために使用されるサンプルの数を、正の整数として指定します。プロットが行われる前に、信号はこのパラメーターの値でダウンサンプリングされます。

点をプロットする前にスキップするサンプルの数を、[Samples per symbol] のパラメーターの値よりも小さい非負の整数として指定します。この値は、[Samples per symbol] が 1 より大きい場合にスキップするサンプルの数を指定します。

[Input frame length] を選択するか、正の整数を指定することで、表示するシンボルの最大数を指定します。正の整数を指定するには、選択した後、<user-defined> を目的値と置換します。このパラメーターを使用して、長い信号の入力時にコンスタレーション ダイアグラムで表示するシンボルの最大数を制限します。ブロックは最新の受信シンボルをプロットします。

[Reference Constellation] ウィンドウを開くには、[Plot] タブまたは [Measurements] タブで、[Reference Constellation] をクリックします。このウィンドウには、各入力端子の基準コンスタレーションを構成するためのパラメーターがあります。

プロットに基準コンスタレーションを表示するには、このパラメーターを選択します。

指定した入力端子の基準コンスタレーション パラメーターを構成します。

各入力端子は個別の基準コンスタレーションをもちます。マルチチャネル入力信号の場合は、ブロックがその入力端子のすべての信号に単一の基準コンスタレーションを適用します。

[Custom][BPSK][QPSK][8-PSK][16-QAM][64-QAM]、または [256-QAM] を選択して、基準コンスタレーションを指定します。カスタム値を指定するには、まず [Custom] を選択します。次に、[Custom value] パラメーターで、エントリをシンボル値のカスタム ベクトルに置き換えます。

各入力端子は個別の基準コンスタレーションをもちます。マルチチャネル入力信号の場合は、ブロックがその入力端子のすべての信号に単一の基準コンスタレーションを適用します。

EVM/MER 測定では、指定された基準コンスタレーションを使用して、変調された入力信号の信号品質が計算されます。信号品質測定値の詳細については、EVM および MER の測定を参照してください。

カスタム変調スキームのシンボル値を定義するベクトルとして、入力の基準コンスタレーションを指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Reference constellation] パラメーターを [Custom Reference Constellation] に設定します。

データ型: char | double
複素数のサポート: あり

[Average power][Minimum distance]、または [Peak power] を選択して、ブロックがコンスタレーション ダイアグラムに使用する正規化方式を指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Reference constellation] パラメーターを、[16-QAM][64-QAM]、または [256-QAM] に設定します。

基準コンスタレーションの平均電力を正のスカラーとして指定します。平均電力は、1 オームの負荷を基準としています。単位はワットです。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Reference constellation] パラメーターを、[BPSK][QPSK][8-PSK][16-QAM][64-QAM]、または [256-QAM] に設定します。

基準コンスタレーションの位相オフセットをスカラーとして指定します。単位はラジアンです。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Reference constellation] パラメーターを、[BPSK][QPSK][8-PSK][16-QAM][64-QAM]、または [256-QAM] に設定します。

  • [BPSK][16-QAM][64-QAM]、および [256-QAM] の既定値は 0 です。

  • [8-PSK] の既定値は pi/4 です。

  • [QPSK] の既定値は pi/8 です。

凡例の表示を切り替えるには、[Plot] タブで [Legend] をクリックします。凡例にリストされている名前は、モデルで指定された入力端子に接続されている信号の名前です。モデルが入力信号を使用して実行されるまで、凡例は表示されません。

スコープの凡例で信号名をクリックすることで、そのスコープ内の信号の表示と非表示を切り替えることができます。

軌跡の表示を切り替えるには、[Plot] タブで [Trajectory] をクリックします。このパラメーターを選択すると、プロットする信号のコンスタレーション点間の軌跡が表示されます。

測定

[Measurements] タブでは、アクティブなチャネルを選択し、信号品質測定を構成し、[Measurements] ペインを切り替えることができます。

信号品質測定値の詳細については、EVM および MER の測定を参照してください。

チャネル

入力チャネルのリストから、測定用のアクティブな入力チャネルを選択します。アクティブなチャネルの信号品質測定値を表示するには、[EVM/MER] をクリックします。

入力信号チャネルの総数は 20 を超えることはできません。マルチチャネル入力信号を指定する場合、入力信号チャネルの総数により、[Number of input ports] パラメーターの最大許容値が制限されます。

測定

[Current Display] または [All displays] を選択するか、正の整数を指定することで、シンボルの EVM 測定と MER 測定の持続時間を指定します。正の整数を指定するには、選択した後、<user-defined> を目的値と置換します。値は、範囲 [1, [Symbols to display]) の正の値でなければなりません。ブロックは、入力データ サンプルの数がこの測定間隔を超えてから測定値を計算します。

[Average constellation power] または [Peak constellation power] を選択して、ブロックが EVM 正規化に使用する正規化方式を指定します。

[Reference Constellation] ウィンドウを開くには、[Plot] タブまたは [Measurements] タブで、[Reference Constellation] をクリックします。このウィンドウには、各入力端子の基準コンスタレーションを構成するためのパラメーターがあります。パラメーターの説明については、プロットの節の [Reference Constellation] パラメーターを参照してください。

信号品質測定ペインの表示を切り替えるには、[Measurements] タブで [EVM/MER] をクリックします。詳細については、EVM および MER の測定を参照してください。

ブロックの特性

データ型

Boolean | double | enumerated | fixed point | integer | single

直達

なし

多次元信号

なし

可変サイズの信号

あり

ゼロクロッシング検出

なし

詳細

すべて展開する

拡張機能

バージョン履歴

R2013b で導入