最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

scatterplot

構文

scatterplot(x)
scatterplot(x,n)
scatterplot(x,n,offset)
scatterplot(x,n,offset,plotstring)
scatterplot(x,n,offset,plotstring,h)
h = scatterplot(...)

説明

scatterplot(x) は信号 x の散布図を生成します。x の解釈は形状と複雑度によって異なります。

  • x が実数の 2 列行列の場合、scatterplot は、1 列目を同相成分として解釈し、2 列目を直交成分として解釈します。

  • x が複素数ベクトルの場合は、scatterplot は、実数部を同相成分として解釈し、虚数部を直交成分として解釈します。

  • x が実数ベクトルの場合は、scatterplot は実数信号として解釈します。

scatterplot(x,n) は最初の構文と基本的に同じですが、関数が最初の値から始めて、信号の値を n 個ごとにプロットする点が異なります。つまり、関数は n の因数分 x を減少させます。

scatterplot(x,n,offset) は最初の構文と基本的に同じですが、関数が x の (offset+1) 番目の値から始めて、信号の値を n 個ごとにプロットする点が異なります。

scatterplot(x,n,offset,plotstring) は上記の構文と基本的に同じですが、plotstring がプロットのシンボル、ライン タイプ、プロットのカラーを指定する点が異なります。plotstring は、書式と意味が関数 plot と同じである文字ベクトルです。

scatterplot(x,n,offset,plotstring,h) は、散布図が新規の Figure ではなくハンドルが h の Figure に表示されること以外は、上記の構文と同じです。h は、scatterplot が以前に生成した Figure のハンドルでなければなりません。同じ Figure に複数の信号をプロットするには、hold on を使用します。

h = scatterplot(...) は、h が散布図を含む Figure のハンドルであること以外は、上記構文と同じです。

すべて折りたたむ

各コンスタレーション点が使用されている 64-QAM 信号を作成します。

d = (0:63)';
s = qammod(d,64);

コンスタレーションの散布図を表示します。

scatterplot(s)

ヒント

以下が必要な場合は、comm.ConstellationDiagram を使用します。

  • Measurements

  • 標準の基準コンスタレーション

  • 信号軌跡プロット

  • 呼び出し間の状態の維持

scatterplot は次の場合に使用します。

  • コンスタレーションの簡単なスナップショットが必要な場合。

R2006a より前に導入