発電・送電装置開発のための MATLAB および Simulink

風力タービンの大手メーカーから高圧送電装置を開発する企業まで、エンジニアは、MATLAB® や Simulink® を使用して、幅広い発電・送電装置の制御・監視アルゴリズムを設計しています。

  • 物理コンポーネント (機械、電気、油圧など)、制御システム、故障注入を含む複雑なシステムモデルを使用して、安全な環境でアルゴリズムを開発し、妥当性を確認
  • 設計エラーを早期の段階で検出し、さまざまな制御戦略を評価
  • 組み込みターゲット (マイクロコントローラーまたは FPGA を使用)、PLC、または運用サーバーにコードを展開
  • 機器の設計を最適化し、稼働可能時間と機器効率を向上

「モデルベースデザインを使用することで、従来のプロセスで必要とされていた時間を大幅に短縮し、複雑な制御システムを開発することに成功しました。モデルからコードを生成することで、数か月かかる手作業によるコーディングを省き、シミュレーションによって早期の設計検証を実現しました」

Anthony Totterdell, GE Grid

発電・送電装置のための MATLAB および Simulink の使用

発電所モデル

エンジニアは、MATLAB や Simulink でコンポーネント、システム、またはプラントのシミュレーション モデルを使用して、実際の装置に実装する前に、設計をテストして妥当性を確認することができます。仮想試運転を使用すると、エンジニアはプロセスの早期の段階で設計エラーを特定して排除できるため、開発と妥当性確認にかかる時間を短縮して、リスクと潜在的な損害を軽減できます。


制御設計

エンジニアは、MATLAB や Simulink を使用して、電力機器の制御および監視ロジックアルゴリズムを開発し、現場での検証が困難な動作状態でテストすることができます。

エンジニアは、インバーター制御や風力タービン制御、その他のグリッド準拠のコントローラーを含むアプリケーション向けの制御アルゴリズムを設計する際に、プラントモデリングを利用しています。

自動コード生成により、実際の制御ハードウェアにアルゴリズムを展開できます。


予知保全

エンジニアは、MATLAB® や Simulink® を使用して、発電・送電装置の状態監視および予知保全ソフトウェアを開発および展開しています。

また、エンジニアは、データにアクセスして前処理するための対話型のアプリを使用することで、アルゴリズムを設計し (例: 残存耐用時間 (RUL) を判断するため)、稼働時に展開することができます。これにより、事後保全や予防保全と比較して、サービス間隔を最適化し、保守コストを削減できます。