ビルディング オートメーション向け MATLAB および Simulink

MATLAB® および Simulink® は、設計および妥当性確認から展開まで、エスカレーターやエレベーター、HVAC システムなどのシステムの制御および監視アルゴリズムを開発するエンジニアをサポートします。

エンジニアは、物理コンポーネントや制御システムのモデルを使用して、数百もの異なるシナリオでアルゴリズムのシミュレーションとテストを行うことができます。また、このプロセスに基づき、組み込みターゲットや運用サーバーにコードを展開できます。

エンジニアは、この方法で、エネルギー消費量を削減し、運用効率を高めるために最適化されたビルディング オートメーション システムを設計および製造することができます。

「MATLAB は、堅牢な数値アルゴリズム、広範な可視化ツールと解析ツール、信頼性の高い最適化ルーチン、オブジェクト指向プログラミングのサポート、当社の運用 Java アプリケーションと共にクラウドで動作する機能を備えており、当社の研究開発や展開の促進に役立っています。」

Borislav Savkovic, BuildingIQ

ビルディング オートメーションのための MATLAB および Simulink の使用

エレベーターおよびエスカレーター

エンジニアは、MATLAB および Simulink を使用することで、物理システムのモデルを作成し、制御および監視ロジックのアルゴリズムを開発できます。その後は、さまざまな構成をシミュレーションしたり、さまざまなテストを実施したりすることができます。制御アルゴリズムは、組み込みコントローラーや PLC に展開されています。

企業は、MATLAB や Simulink を使用して、物理試験や妥当性確認からシミュレーションに移行し、予知保全機能を備えた機器を製造することができます。


HVAC

エンジニアリング チームは、MATLAB や Simulink を使用して、最適化、監視、故障予測機能が組み込まれた制御ロジックを開発しています。制御アルゴリズムでは、ビル全体の内部温度のほか、外気温や太陽負荷、伝熱メカニズム、対流、気流、熱放射によって生じる影響を計算できます。

最適なパラメーターで作動している暖房装置や換気装置、空調システムは、快適性と総エネルギー消費量に大きく影響します。


ビル管理システム

エンジニアは、MATLAB や Simulink を使用して、ビル全体の運営を最適化するアルゴリズムを開発しています。MATLAB および Simulink は、各センサーやデバイス、システムからデータにアクセスし、さまざまなプロトコル経由で通信します。データは、最適化アルゴリズムおよび機械学習アルゴリズムを使用して処理され、エンジニアは、特定サイトの要件に合わせて、これらのアルゴリズムをカスタマイズできます。