生物科学向け MATLAB および Simulink

生命科学業界の科学者やエンジニアは、MATLAB® や Simulink® を使用して、学際的でエンドツーエンドのワークフローを実現しています。

MATLAB を使用すると、以下を行うことができます。

  • ヘルス アナリティクスのための分類モデルおよび予測モデルの作成
  • 細胞の計数などの画像解析タスクを自動化
  • バイオインフォマティクス解析ワークフローを開発 (アプリによるコーディングは不要)
  • 広範な統計機能によって研究の有意性を判断
  • 類似の問題を解決した開発者のコミュニティへの参加
  • 表形式データのプロットとレポートの作成
  • 個々の機器やカード、センサー、IoT (Internet of Things) の手法からライブデータを取得

「MathWorks のツールのおかげで、データを徹底的に調査して理解し、最適なデータ解析手法を組み立てることができました。」

Dr. Lorenzo Leonardi, Institute for Biodiagnostics, Canada

生物科学向け MATLAB の使用

アプリベースのワークフロー

MATLAB を使用したアプリベースのワークフローは、科学者のプログラミング習熟度に依存しない高度な開発をサポートします。アプリを使用することで、科学者はデータの探索、予測モデルの作成、画像のセグメンテーション、曲線の当てはめ、可視化をすべて行うことができます。コードは一切記述する必要はありません。通常、ワークフローの最後にこのようなアプリを使用して、ドキュメント化されたコードを自動作成できます。これにより、GUI 対話式操作と同様のアクションによって、ロバストなパイプラインが作成されます。このように、非プログラマーがワークフロー開発を行い、他のユーザーが必要に応じてコードベースを強化できます。


コミュニティでのアクティブな開発

幅広い分野のツールを開発および共有している生物学者の国際的なコミュニティがあります。File Exchange では、生命科学向けの何百ものコード例やツールボックスをはじめ、多数のサードパーティ製品やサービスを提供しています。


サードパーティツール

  • CERR – 医学物理学用画像処理と治療計画のためのツールボックス
  • COBRA – 生化学的制約ベースの解析のためのツールボックス
  • GIBBON – 生物物理学的解析のためのツールボックス
  • Lobster – 大型顕微鏡画像を解析するためのフレームワーク
  • matRad – 医学物理学における放射線モデリングのためのツールボックス
  • Microscopy Image Browser – 電子顕微鏡用可視化および解析ツール
  • NIRFAST – 組織内の光伝搬をモデル化するツール
  • Pulmonary Toolkit – 肺画像の解析スイート
  • SPM – 脳解析に使用される幅広いツール群

生命科学における幅広い採択と適用

世界中の科学者が、商業や研究、教育といった、生命科学のさまざまな分野や用途で MATLAB および Simulink を活用しています。また、MATLAB は、学際的な作業やワークフローもサポートしています。各種ツールボックスを MATLAB と統合することで、科学者は遺伝、画像、時系列、クラウドのデータの合成や、あるツールボックスから別のツールボックスへのデータ型の直接転送を行うことができます。

MATLAB の生物科学エコシステムは、以下の分野で幅広く利用されています。

上記の分野に加えて、科学者や研究者は、他の分野でも MATLAB やコミュニティがサポートするツールを使用しています。File Exchange で生物科学のサードパーティ製品やサービスをご確認ください。