最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

cornerPoints

コーナー ポイントを格納するオブジェクト

説明

このオブジェクトには、2 次元グレースケール イメージから検出された特徴点に関する情報が格納されます。

作成

構文

points = cornerPoints(location)
points = cornerPoints(location,Name,Value)

説明

points = cornerPoints(location) は、位置の座標 [x y] の M 行 2 列の配列から cornerPoints オブジェクトを構築します。

points = cornerPoints(location,Name,Value) は、1 つ以上の名前と値のペアを使用してプロパティを設定します。各プロパティ名を引用符で囲みます。たとえば、points = cornerPoints('Metric',0.0) です。

入力引数

すべて展開する

点の位置。[x y] 座標の M 行 2 列の配列として指定します。

プロパティ

すべて展開する

コーナー ポイント オブジェクトが保持する点の数。数値として指定します。

検出された特徴の強度。数値として指定します。アルゴリズムは、近似されたヘッシアンの行列式を使用します。

オブジェクト関数

plotPlot points
isemptyDetermine if points object is empty
lengthNumber of stored points
selectStrongestSelect points with strongest metrics
sizeReturn the size of a points object
selectUniformSelect uniformly distributed subset of feature points
gatherRetrieve cornerPoints from the GPU

すべて折りたたむ

イメージを読み取ります。

    I = imread('cameraman.tif');

特徴点を検出します。

    points = detectHarrisFeatures(I);

最も強い 10 個の点を表示します。

    strongest = points.selectStrongest(10);
    imshow(I); hold on;
    plot(strongest);

座標 (x,y) を表示します。

    strongest.Location
ans = 10x2 single matrix

  112.4516  208.4412
  108.6510  228.1681
  136.6969  114.7962
  181.4160  205.9876
  135.5823  123.4529
  100.4951  174.3253
  146.7581   94.7393
  135.2899   92.6485
  129.8439  110.0350
  130.5716   91.0424

チェッカーボード イメージを作成します。

    I = checkerboard(50,2,2);

位置を読み込みます。

    location = [51    51    51   100   100   100   151   151   151;...
                50   100   150    50   101   150    50   100   150]';

点を保存します。

    points = cornerPoints(location);

チェッカーボードに点を表示します。

    imshow(I); hold on;
    plot(points);

ヒント

cornerPoints は多くの点を保持できますが、スカラー オブジェクトです。そのため、numel(cornerPoints) は常に 1 を返します。この値は、オブジェクトに保持されている点の実際の数を返す length(cornerPoints) とは異なる場合があります。

拡張機能

R2012a で導入