最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

plot

説明

plot(points) は現在の軸の点をプロットします。

plot(points,ax) は指定した軸の点をプロットします。

plot(points,ax,Name,Value) は、1 つ以上の名前と値のペアを使用してプロパティを設定します。各プロパティ名を引用符で囲みます。たとえば、plot('ShowOrientation',true) です。

すべて折りたたむ

KAZE 点を検出および抽出し、その向きを含めてプロットします。

イメージを読み取ります。

I = imread('cameraman.tif');

イメージから KAZE 点を検出します。

points = detectKAZEFeatures(I);

検出された点から KAZE 特徴を抽出します。

[features,valid_points] = extractFeatures(I,points);

最も強い 10 個の点をプロットし、その向きを表示します。

imshow(I)
hold on
strongestPoints = selectStrongest(valid_points,10);
plot(strongestPoints,'showOrientation',true)
hold off

イメージから SURF 特徴を抽出します。

I = imread('cameraman.tif');
points = detectSURFFeatures(I);
[features, valid_points] = extractFeatures(I,points);

最も強い 10 個の SURF 特徴を可視化します。これには、記述子抽出プロセスによって決定されるそのスケールと向きが含まれます。

imshow(I); 
hold on;
strongestPoints = valid_points.selectStrongest(10);
strongestPoints.plot('showOrientation',true);

イメージを読み取ります。

 I = imread('cameraman.tif');

コーナー特徴を検出します。

 featurePoints = detectHarrisFeatures(I);

検出された特徴を持つ特徴イメージをプロットします。

 imshow(I); hold on;
 plot(featurePoints);

入力引数

すべて折りたたむ

点。点オブジェクトとして指定します。このオブジェクトには、2 次元グレースケール入力イメージで検出された特徴点に関する情報が含まれます。

表示に使用するハンドル。ハンドルは gca を使用して設定できます。

名前と値のペアの引数

例: 'ShowOrientation','true'

スケーリングされた円を表示するか。true または false を指定します。この値を true に設定すると、オブジェクトは、特徴点を中心とし、検出された特徴のスケールに比例する円を描画します。この値を false に設定すると、オブジェクトは円の表示をオフにします。

アルゴリズムは、半径 6*Scale の円で特徴のスケールを表します。アルゴリズムは同等のサイズの円形領域を使用して、特徴の向きを計算します。

特徴点の向きを表示するか。true または false で指定します。この値を true に設定すると、オブジェクトは点の向きに対応するラインを描画します。オブジェクトは、特徴点の位置からスケールを示す円のエッジへ向かうラインを描画します。

R2011b で導入