Main Content

MSERRegions

MSER 領域を格納するオブジェクト

説明

このオブジェクトは、MSER 領域および領域と同じ 2 次モーメントをもつ対応する楕円を記述します。関数 detectMSERFeatures と関数 extractFeatures の間でデータを渡します。このオブジェクトは、これらの関数によって返されるデータの操作とプロットに使用することもできます。

作成

説明

regions = MSERRegions(pixellist) は、ピクセル リスト pixellist から MSER 領域オブジェクト regions 領域を構築します。

入力引数

すべて展開する

検出された MSER 領域のポイント座標。M 行 1 列の cell 配列として指定します。各セルには、検出された MSER 領域の [x y] 座標の P 行 2 列の配列が含まれています。ここで P は領域のピクセル数に基づいて変化します。

プロパティ

すべて展開する

この プロパティ は読み取り専用です。

楕円の位置。[x y] 座標の M 行 2 列の配列として格納されます。MSER 領域と同じ 2 次モーメントをもつ楕円です。

この プロパティ は読み取り専用です。

長軸と短軸。2 要素ベクトル [majorAxis minorAxis] として格納します。このベクトルは、MSER 領域と同じ 2 次モーメントをもつ楕円の長軸と短軸を指定します。

この プロパティ は読み取り専用です。

楕円の方向。-pi/2 ~ +pi/2 ラジアンの範囲の値として格納されます。この値は、楕円の X 軸から長軸までを測定して楕円の方向を表します。このプロパティを可視化のために使用できます。

格納された領域の数。整数として指定します。

オブジェクト関数

isempty点オブジェクトが空かどうかの判別
lengthNumber of stored points
sizeReturn size of points object
plotPlot MSER regions

すべて折りたたむ

イメージを読み込みます。

I = imread('cameraman.tif');

領域を検出および格納します。

regions = detectMSERFeatures(I);

検出された領域の重心と座標軸を表示します。

imshow(I); hold on;
plot(regions);

Figure contains an axes object. The axes object contains 475 objects of type image, line.

MSERRegions オブジェクトに含まれる最初の 10 個の領域を検出および表示します。

MSER 特徴を検出します。

I = imread('cameraman.tif');
regions = detectMSERFeatures(I);

MSERRegions オブジェクトの最初の 10 個の領域を表示します。

imshow(I); hold on;
plot(regions(1:10),'showPixelList', true);

Figure contains an axes object. The axes object contains 31 objects of type image, line. One or more of the lines displays its values using only markers

MSER 検出器によって特定された位置で SURF 記述子を抽出して表示します。

イメージを読み取ります。

I = imread('cameraman.tif');

MSER 特徴を検出します。

regionsObj = detectMSERFeatures(I);

SURF 記述子を抽出して表示します。

[features, validPtsObj] = extractFeatures(I, regionsObj);
imshow(I); hold on;
plot(validPtsObj,'showOrientation',true);

Figure contains an axes object. The axes object contains 3 objects of type image, line. One or more of the lines displays its values using only markers

ヒント

MSERRegions は多くの領域を保持できますが、スカラー オブジェクトです。そのため、numel(MSERRegions) は常に 1 を返します。この値は、オブジェクトに保持されている領域の実際の数を返す length(MSERRegions) とは異なる場合があります。

参照

[1] Nister, D., and H. Stewenius, "Linear Time Maximally Stable Extremal Regions", Lecture Notes in Computer Science. 10th European Conference on Computer Vision, Marseille, France: 2008, no. 5303, pp. 183–196.

[2] Matas, J., O. Chum, M. Urba, and T. Pajdla. "Robust wide baseline stereo from maximally stable extremal regions. "Proceedings of British Machine Vision Conference, pages 384-396, 2002.

拡張機能

バージョン履歴

R2012a で導入