最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

detectSURFFeatures

SURF 特徴を検出して SURFPoints オブジェクトを返す

説明

points = detectSURFFeatures(I) は、2 次元グレースケール入力イメージ I で検出された SURF 特徴に関する情報が含まれる SURFPoints オブジェクト points を返します。関数 detectSURFFeatures は、Speeded-Up Robust Features (SURF) アルゴリズムを実装してブロブ特徴を検出します。

points = detectSURFFeatures(I,Name,Value) では、前の構文の入力引数に加えて、1 つ以上の名前と値のペアの引数を使用してオプションを指定します。

すべて折りたたむ

イメージを読み取って関心点を検出

I = imread('cameraman.tif');
points = detectSURFFeatures(I);

イメージ内の対象箇所を表示

imshow(I); hold on;
plot(points.selectStrongest(10));

入力引数

すべて折りたたむ

入力イメージ。M 行 N 列の 2 次元グレースケールとして指定します。入力イメージは、実数で非スパースの値でなければなりません。

データ型: single | double | int16 | uint8 | uint16 | 論理値

名前と値のペアの引数

オプションの引数 Name,Value のコンマ区切りペアを指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を、任意の順番で指定できます。

例: detectSURFFeatures(I,'MetricThreshold',100)

最も強い特徴のしきい値。'MetricThreshold' と非負のスカラー値で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。より多くのブロブを返すには、このしきい値の値を小さくします。

オクターブの数。'NumOctaves' と 1 以上の整数スカラーで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。より大きなブロブを検出するには、この値を大きくします。推奨値は 14 です。

各オクターブは、さまざまなサイズのフィルターを使用して解析されたスケールの数をカバーします。

オクターブフィルター サイズ
1 9 行 9 列、15 行 15 列、21 行 21 列、27 行 27 列、...
2 15 行 15 列、27 行 27 列、39 行 39 列、51 行 51 列、...
3 27 行 27 列、51 行 51 列、75 行 75 列、99 行 99 列、...
4....

オクターブが高くなるほど、大きなフィルターを使用して、イメージ データのサブサンプリングが行われます。オクターブの数が多くなると、検出されるブロブのサイズが大きくなります。イメージのサイズに対して適切になるように NumOctaves パラメーターを設定します。たとえば、50 x 50 のイメージでは、NumOctaves パラメーターを 2 以下に設定する必要があります。NumScaleLevels パラメーターは、オクターブあたりに使用されるフィルターの数を制御します。1 オクターブのデータを解析するには、少なくとも 3 つのレベルが必要です。

計算を行うオクターブあたりのスケール レベルの数。'NumScaleLevels' と 3 以上の整数スカラーで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。より細かいスケールの増分でより多くのブロブを検出するには、この数値を大きくします。推奨値は 36 です。

四角形の関心領域。ベクトルとして指定します。ベクトルは [x y width height] の形式でなければなりません。ROI を指定すると、関数は、[x y] にある [width height] によって指定されたサイズの領域内のコーナーを検出します。[x y] 要素は、領域の左上隅を指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

SURF 特徴。SURFPoints オブジェクトとして返されます。このオブジェクトには、グレースケール イメージで検出された SURF 特徴に関する情報が含まれます。

参照

[1] Bay, H., A. Ess, T. Tuytelaars, and L. Van Gool. “SURF:Speeded Up Robust Features.” Computer Vision and Image Understanding (CVIU).Vol. 110, No. 3, pp. 346–359, 2008.

拡張機能

R2011b で導入