ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

確率分布

データ頻度モデル、無作為標本の生成、パラメーターの推定

確率分布による標本データの近似、pdf や cdf などの確率関数の評価、平均や中央値などの要約統計の計算、標本データの可視化、乱数の生成などを行います。確率分布を処理するには、確率分布オブジェクト、コマンド ライン関数または対話型アプリを使用します。これらの各オプションについての詳細は、確率分布の操作を参照してください。

  • 離散分布
    整数値の分布から標本を計算、近似または生成
  • 連続分布
    実数値の分布から標本を計算、近似または生成
  • 多変量分布
    ベクトル値の分布から標本を計算、近似または生成
  • 調査と可視化
    分布関数のプロット、対話形式での分布の近似、プロットの作成、乱数の生成
  • 疑似乱数と準乱数の生成
    疑似乱数および準乱数標本データの生成
  • リサンプリングの手法
    ブートストラップ、ジャックナイフおよび交差検証を使用してデータセットをリサンプリング

注目の例