ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

多変量分布

ベクトル値の分布から標本を計算、近似または生成

多変量確率分布は、複数の確率変数が含まれている分布です。これらの変数は、相互に関連がある場合もそうでない場合もあります。Statistics and Machine Learning Toolbox™ には、確率分布オブジェクト、コマンド ライン関数、対話型アプリなど、多変量確率分布を処理する方法がいくつか用意されています。これらのオプションについての詳細は、確率分布の操作を参照してください。