ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コピュラ分布および相関する標本

相関する無作為標本モデルのパラメーターのデータへのあてはめ、分布の評価、系列相関をもつ疑似無作為標本の生成

関数

copulacdfコピュラ累積分布関数
copulapdfコピュラ確率密度関数
copulaparam順位相関の関数としてのコピュラ パラメーター
copulastatコピュラ順位相関
copulafitデータへのコピュラのあてはめ
copularndコピュラ乱数

トピック

コピュラ: 相関のある標本の生成

"コピュラ" は、変数間の依存関係を記述する関数であり、相関がある多変量データをモデル化する分布を作成する方法を提供します。

順位相関による相関データの生成

この例では、コピュラと順位相関を使用して、累積分布逆関数を使用できない確率分布 (ピアソン フレキシブル分布族など) から相関データを生成する方法を示します。

コピュラを使用した従属確率変数のシミュレーション

この例では、変数間に複雑な関係がある場合や、個体変数が異なる分布から成る場合に、コピュラを使用して多変量分布からデータを生成する方法を示します。