ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

tall 配列によるビッグ データの分析

メモリ不足になるデータの分析

Statistics and Machine Learning Toolbox™ には、tall 配列に対応しているさまざまな関数が含まれています。tall 配列は、メモリに収まらないデータ、つまり標本サイズが無制限に大きくなる可能性があるデータを扱うための便利な方法を提供します。tall 配列を作成するには、データを参照するデータストアを作成してから、関数 tall を使用してデータストアを tall 配列に変換します。MATLAB® の tall 配列の詳細については、tall 配列 (MATLAB)を参照してください。サポートされている統計関数の一覧については、tall 配列のサポート、使用上の注意事項および制限事項を参照してください。

Parallel Computing Toolbox™ を使用している場合、並列計算を実行すると、tall 配列がある特定の統計計算が高速になる可能性があります。tall 配列による並列計算の使用については、他の製品による tall 配列の拡張 (MATLAB)を参照してください。

関数

binScatterPlottall 配列のビンの散布図

トピック

tall 配列のサポート、使用上の注意事項および制限事項

tall 配列をサポートする Statistics and Machine Learning Toolbox 関数の一覧です。

tall 配列の使用によるビッグ データの統計および機械学習

この例では、メモリ不足になるデータに対して MATLAB® と Statistics and Machine Learning Toolbox™ で統計解析と機械学習を実行する方法を示します。

tall 配列を使用するロジスティック回帰

この例では、ロジスティック回帰および他の手法を使用して tall 配列に対してデータ分析を実行する方法を示します。

tall 配列を使用したベイズ最適化

ベイズ最適化を実行して、tall 配列でカーネル分類器に学習をさせるために最適なパラメーターを選択します。