ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

離散分布

整数値の分布から標本を計算、近似または生成

離散確率分布は、確率変数が有限個または可算な無限個の値のみになると仮定した分布です。たとえば、二項分布における確率変数 X は 0 または 1 という値のみになると仮定されます。Statistics and Machine Learning Toolbox™ には、確率分布オブジェクト、コマンド ライン関数、対話型アプリなど、離散確率分布を処理する方法がいくつか用意されています。これらのオプションについての詳細は、確率分布の操作を参照してください。

  • 二項分布
    二項分布のパラメーターのデータへのあてはめ、分布または逆分布の評価、疑似無作為標本の生成
  • 幾何分布
    幾何分布または逆分布の評価、疑似無作為標本の生成
  • 超幾何分布
    超幾何分布または逆分布の評価、疑似無作為標本の生成
  • 多項分布
    多項分布またはその逆分布の評価、疑似無作為標本の生成
  • 負の二項分布
    負の二項分布のパラメーターのデータへのあてはめ、分布または逆分布の評価、疑似無作為標本の生成
  • ポアソン分布
    ポアソン分布のパラメーターのデータへのあてはめ、分布または逆分布の評価、疑似無作為標本の生成
  • 一様分布 (離散)
    離散一様分布または逆分布の評価、疑似無作為標本の生成