Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

幾何分布

幾何分布から無作為標本を評価および生成

Statistics and Machine Learning Toolbox™ には、幾何分布を処理する方法がいくつか用意されています。

  • 分布パラメーターを指定して、分布特有の関数を使用します。分布特有の関数では、複数の幾何分布についてのパラメーターを受け入れることができます。

  • 分布名 ('Geometric') とパラメーターを指定して、汎用の分布関数 (cdficdfpdfrandom) を使用します。

幾何分布の詳細については、幾何分布を参照してください。

関数

すべて展開する

cdf累積分布関数
icdf逆累積分布関数
pdf確率密度関数
mle最尤推定
random乱数
randtool対話形式の乱数発生
geocdf幾何分布の累積分布関数
geopdf幾何確率密度関数
geoinv幾何分布の逆累積分布関数
geostat幾何分布の平均と分散
geornd幾何分布する乱数

トピック

幾何分布

幾何分布は、それぞれの試行の結果が成功か失敗のどちらかである一連の独立試行において、1 回成功するまでの失敗回数をモデル化します。各試行の成功確率は定数です。