ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

geostat

幾何分布の平均と分散

構文

[m,v] = geostat(p)

説明

[m,v] = geostat(p) は、p の対応する確率パラメーターによって、幾何分布の平均 m および分散 v を返します。p はベクトル、行列または多次元配列になります。p のパラメーターは、区間 [0,1] 内に入っていなければなりません。

すべて折りたたむ

6 つの異なるパラメーター値を含む確率ベクトルを定義します。

p = 1./(1:6)
p = 1×6

    1.0000    0.5000    0.3333    0.2500    0.2000    0.1667

確率ベクトルの各値に対応する幾何分布の平均と分散を計算します。

[m,v] = geostat(1./(1:6))
m = 1×6

         0    1.0000    2.0000    3.0000    4.0000    5.0000

v = 1×6

         0    2.0000    6.0000   12.0000   20.0000   30.0000

たとえば、戻り値は確率パラメーター p が 1/3 である幾何分布の平均は 2 であり、分散は 6 であることを示します。

詳細

すべて折りたたむ

幾何分布の平均と分散

幾何分布の平均は以下のとおりです。

mean=1pp,

また幾何分布の分散は以下のようになります。

var=1pp2,

ここで p は成功の確率です。

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

参考

| | |

トピック

R2006a より前に導入