ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

resubMargin

クラス: ClassificationDiscriminant

再代入による分類マージン

構文

M = resubMargin(obj)

説明

M = resubMargin(obj) は、obj の再代入分類マージンを返します。

入力引数

obj

fitcdiscr を使用して作成された判別分析分類器。

出力引数

M

分類マージンを含む長さ size(obj.X,1) の数値列ベクトル。

すべて展開する

フィッシャーのアヤメのデータに関する判別分析分類器のマージンを、再代入により検出します。複数のエントリを調べます。

フィッシャーのアヤメのデータセットを読み込みます。

load fisheriris

判別分析分類器を学習させます。

Mdl = fitcdiscr(meas,species);

再代入マージンを計算し、その中のいくつかを表示します。

m = resubMargin(Mdl);
m(1:25:end)
ans = 6×1

    1.0000
    1.0000
    0.9998
    0.9998
    1.0000
    0.9946

詳細

すべて展開する