Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

信号解析と可視化

信号アナライザー アプリを使用した信号の可視化、前処理、および調査

信号アナライザーアプリは、時間領域、周波数領域、時間-周波数領域における信号の視覚化、測定、解析、比較用の対話型ツールです。このアプリを使用すると、持続時間が異なる多数の信号を同じビュー内で同時に扱うことができます。

MATLAB® ツールストリップの [アプリ] タブからアプリを選択して起動します。MATLAB コマンド プロンプトで signalAnalyzer と入力してもアプリを起動できます。

アプリ

信号アナライザー複数の信号とスペクトルの可視化および比較

関数

stripsストリップ プロット

トピック

アプリのワークフロー

信号アナライザー アプリの使用

時間領域、周波数領域、時間-周波数領域で信号を可視化、測定、解析、比較します。

スペクトルおよび時間-周波数解析

信号アナライザーでのスペクトル計算

信号のスペクトルを計算するため、信号アナライザーは理論上の最善のスペクトル分解能とパフォーマンス上の制限に許容される最善の解像度との間の妥協点を見つけます。

信号アナライザーのパーシステンス スペクトル

パーシステンス スペクトルには、与えられた周波数の位置と強度レベルにおける時間依存の信号の発生確率が含まれています。

信号アナライザーでのスペクトログラム計算

非定常信号の時間依存スペクトルを表示するために、信号アナライザーはカイザー ウィンドウを適用してオーバーラップしたセグメントに信号を分割し、それらの短時間フーリエ変換を計算します。

信号アナライザーでのスカログラム計算

スカログラムは、低周波数成分を含む信号を識別したり、周波数成分が時間によって急激に変化する信号を解析するのに役に立ちます。

補助トピック

信号アナライザーでサポートされるデータ型

信号アナライザーは、有限要素、timeseries オブジェクト、MATLAB timetable を持つ実数ベクトルと行列を受け入れます。

サンプルレートおよびその他の時間情報の編集

信号アナライザー アプリでは、MATLAB timetable または timeseries オブジェクト以外の任意の信号について、時間情報の追加や編集を行うことができます。

信号アナライザーのヒントと制限

信号アナライザーの現在の制限を回避するためのデータを準備します。

信号アナライザーのキーボード ショートカット

キーボードを使用して、信号アナライザー アプリを操作できます。

信号アナライザーのカスタマイズ

ラインの色とスタイルの指定、信号テーブルの列の追加または削除、信号アナライザー ディスプレイの変更などを行います。

注目の例