Main Content

状態インジケーターの対話的な設計

診断特徴デザイナーおよびライブ エディターの専用タスクでデータを調査し、システムの状態を示したり将来の状態を予測できる特徴を特定する

診断特徴デザイナー アプリを使って、データから対話的に特徴を抽出できます。アプリ内では、特徴抽出のためにデータを準備し、特徴を抽出してその有効度を可視化し、さまざまな統計的アルゴリズムを使用して特徴をランク付けすることができます。最も効果的な特徴の計算を複製および自動化するためのコードをアプリから生成できます。アプリの詳細については、診断特徴デザイナーを使用したアンサンブル データの調査と特徴の比較を参照してください。

ライブ エディターのタスクを使用して、コードを記述せずに、位相空間の再構成を対話的に実行したり、近似エントロピー、相関次元、およびリアプノフ指数を抽出します。タスクでは、プロットを生成して、パラメーター値やオプションを変更した場合の効果を調べたり、コードを自動生成できます。コードはライブ スクリプトに取り込まれます。

アプリ

診断特徴デザイナー機械の診断と予測のために、測定データまたはシミュレーション データから特徴を対話的に抽出、可視化、ランク付けする (R2019a 以降)

ライブ エディター タスク

スペクトル特徴の抽出ライブ エディターでスペクトルの故障帯域のメトリクスを対話的に抽出 (R2021a 以降)
位相空間の再構成等間隔にサンプリングされた信号の位相空間をライブ エディターで再構成 (R2019b 以降)
近似エントロピーの推定等間隔にサンプリングされた信号の近似エントロピーをライブ エディターで対話的に推定 (R2019b 以降)
相関次元の推定等間隔にサンプリングされた信号の相関次元をライブ エディターで推定 (R2019b 以降)
リアプノフ指数の推定等間隔にサンプリングされた信号のリアプノフ指数をライブ エディターで対話的に推定 (R2019b 以降)

トピック

状態インジケーターの基礎

診断特徴デザイナー アプリ

ライブ エディター タスクでの状態インジケーター