Main Content

問題ベースの非線形最適化

問題ベースのアプローチを使用した非線形最適化問題の逐次評価または並列評価による解法

最適化問題を解く前に、問題ベースかソルバーベースか、適切なアプローチを選択しなければなりません。詳細は、はじめに問題ベース アプローチまたはソルバーベース アプローチを選択を参照してください。

目的関数と非線形制約関数を最適化変数の式として定式化するか、fcn2optimexpr を使用して MATLAB® 関数を変換します。問題の設定については、問題ベースの最適化の設定を参照してください。

関数

evaluate最適化式の評価
fcn2optimexpr関数から最適化式への変換
infeasibility点における制約違反
optimproblem最適化問題の作成
optimvar最適化変数の作成
prob2struct最適化問題または方程式問題のソルバー形式への変換
solve最適化問題または方程式問題の求解

ライブ エディター タスク

最適化ライブ エディターでの方程式の最適化または解決

トピック

制約なしの問題ベースの応用

  • 有理目的関数、問題ベース
    この例では、最適化変数を使用して有理目的関数を作成する方法、および得られた制約のない問題を解く方法を説明します。

制約付きの問題ベースの応用

並列計算

シミュレーションまたは ODE

アルゴリズムとその他の理論