Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Bluetooth 通信

Bluetooth® デバイスからの読み取りと同デバイスへの書き込み

Bluetooth は、短波長無線伝送を使用した、短距離でデータを交換する無線通信プロトコルです。Bluetooth 機能を備えた一般的なデバイスには、ラップトップ、携帯電話、および無線センサーが含まれます。

MATLAB® で Bluetooth インターフェイスを使用して、ASCII データとバイナリ データの送受信を行います。このインターフェイスでは、Bluetooth シリアル ポート プロファイル (SPP) を使用します。任意の Bluetooth SPP デバイスを特定して、MATLAB からそのデバイスとの双方向接続を確立することができます。

Bluetooth デバイスと通信するには、コンピューターに内蔵または外付けの Bluetooth アダプターが備わっている必要があります。詳細については、Bluetooth 通信設定の構成を参照してください。

関数

すべて展開する

bluetoothlist近くの Bluetooth Classic デバイスのスキャン
bluetoothBluetooth Classic デバイスへの接続
configureTerminatorBluetooth デバイスとの ASCII 文字列通信の終端子を設定
configureCallbackBluetooth デバイスと通信するためのコールバック関数とトリガー条件の設定
readBluetooth デバイスからのデータの読み取り
readlineBluetooth デバイスからの ASCII 文字列データ行の読み取り
writeデータを Bluetooth デバイスに書き込む
writelineBluetooth デバイスへの ASCII データ行の書き込み
flushBluetooth デバイスのバッファーのクリア

トピック

Bluetooth 通信の概要

Bluetooth 通信の基本概念について学習する。

Bluetooth 通信設定の構成

MATLAB と Bluetooth デバイスとの接続を確立する。

Bluetooth 通信を使用したデータ送信

Bluetooth デバイスでテキスト データとバイナリ データの両方を読み取り、書き込む。

Bluetooth 通信でのコールバックの使用

指定したイベントがデバイスで発生したときにコールバック関数を実行することにより、機器の通信を強化する。

bluetooth インターフェイスへのコードの遷移

Bluetooth の代わりに bluetooth を使用して Bluetooth デバイスに接続する。

トラブルシューティング

Bluetooth 通信のトラブルシューティング

Bluetooth インターフェイスのトラブルシューティング。

Bluetooth の警告の解決: データをまったく読み取れない

データを何も受信せず、次の警告メッセージが表示された場合のトラブルシューティング。Bluetooth unable to read any data.

Bluetooth の警告の解決: 一部のデータを読み取れない

一部のデータを受信したが、次の警告メッセージが表示された場合のトラブルシューティング。Bluetooth unable to read all requested data.

注目の例