Main Content

flush

Bluetooth デバイスのバッファーのクリア

説明

flush(device) は、指定された Bluetooth® デバイスの入力バッファーと出力バッファーの両方からすべてのデータをフラッシュします。

flush(device,"input") は入力バッファーのみフラッシュします。

flush(device,"output") は出力バッファーのみフラッシュします。

すべて折りたたむ

近くの Bluetooth デバイスへの接続を作成します。

device = bluetooth("TestDevice")
device = 
  bluetooth with properties:

                 Name: "TestDevice"
              Address: "BC275C50533C"
              Channel: 1
    NumBytesAvailable: 0
      NumBytesWritten: 0

  Show all properties

デバイスにデータを書き込み、入力バッファーに読み取ることができるバイト数を表示します。

write(device,1:5,"uint8")
device.NumBytesAvailable
ans =

     5

入力および出力両方のバッファーをフラッシュします。

flush(device);

読み取り可能なバイト数を表示します。

device.NumBytesAvailable
ans =

     0

入力バッファーにはデータがありません。

入力引数

すべて折りたたむ

Bluetooth デバイスの接続。bluetooth オブジェクトとして指定します。

例: flush(device) は、Bluetooth 接続 device からのデータをフラッシュします。

バージョン履歴

R2020b で導入

参考

関数