Main Content

write

データを Bluetooth デバイスに書き込む

説明

write(device,data) は、行ベクトルまたは列ベクトル data を Bluetooth® 接続 device に書き込みます。

write(device,data,datatype) は、data の形式に関係なく、datatype で指定された形式で data を書き込みます。

すべて折りたたむ

近くの Bluetooth デバイスへの接続を作成します。この例では、HC-06 Bluetooth モジュールはループバック デバイスとして設定されます。

device = bluetooth("HC-06")
device = 
  bluetooth with properties:

                 Name: "HC-06"
              Address: "98D331FB3B77"
              Channel: 1
    NumBytesAvailable: 0
      NumBytesWritten: 0

  Show all properties

1:10 をデバイスに書き込みます。

write(device,1:10)

デバイスがループバック デバイスとして設定されているため、デバイスに書き込むデータは MATLAB® に返されます。すべてのデータを読み取ります。

read(device,10)
ans = 1×10

     1     2     3     4     5     6     7     8     9    10

近くの Bluetooth デバイスへの接続を作成します。この例では、HC-06 Bluetooth モジュールはループバック デバイスとして設定されます。

device = bluetooth("HC-06")
device = 
  bluetooth with properties:

                 Name: "HC-06"
              Address: "98D331FB3B77"
              Channel: 1
    NumBytesAvailable: 0
      NumBytesWritten: 0

  Show all properties

string "helloworld" をデバイスに書き込みます。

write(device,"helloworld","string")

デバイスがループバック デバイスとして設定されているため、デバイスに書き込みまれるデータが MATLAB に返されます。データの最初の 5 つの値を string として読み取ります。

read(device,5,"string")
ans = 

    "hello"

read コマンドをもう一度使用して、データの次の 5 つの値を読み取ります。

read(device,5,"string")
ans = 

    "world"

入力引数

すべて折りたたむ

Bluetooth デバイスの接続。bluetooth オブジェクトとして指定します。

例: write(device,10) は、Bluetooth 接続 device に書き込みます。

数値または ASCII データ。1 行 N 列の数値ベクトルとして、あるいはテキストの文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。数値型のすべての datatype について、data は値の行ベクトルです。

例: write(device,300) は値 300 を書き込みます。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | char | string

各値のサイズと形式。文字ベクトルまたは string として指定します。datatype は、各値について書き込むバイト数と、MATLAB データ型としてのそれらのバイトの解釈を決定します。

読み込みまたは書き込み操作では、データ転送のためにデータ型が uint8 に変換されます。転送後、データ型は指定された datatype に戻ります。

例: write(device,1:5,"double") は値 [1,2,3,4,5] を double データとして書き込みます。

データ型: char | string

バージョン履歴

R2020b で導入

参考

関数