Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

シリアル ポート デバイス

シリアル ポートに接続されたデバイスの読み取りと書き込み

シリアル通信は、2 つ以上のデバイス間での通信に対する最も一般的な低水準のプロトコルです。通常は、デバイスの 1 つはコンピューターですが、相手側のデバイスにはモデム、プリンター、Arduino® ハードウェア、別のコンピューター、またはオシロスコープや関数発生器などの科学的機器が考えられます。多くのシリアル ポート アプリケーションでは、シリアル ポートの仕組みに関する詳しい知識がなくても装置と通信ができます。シリアル ポートを通した通信は、MATLAB® ワークスペースで作成される serialport オブジェクトを使って確立されます。serialport オブジェクトの作成の詳細については、シリアル ポート オブジェクトの作成を参照してください。

データの読み取りまたは書き込みを行うには、serialport オブジェクトと機器が同一の通信設定でなければなりません。詳細については、シリアル ポートの通信設定の構成を参照してください。

関数

すべて展開する

serialportlistシステムに接続されているシリアル ポートのリスト
serialportシリアル ポートへの接続
configureTerminatorシリアル ポートでの ASCII 文字列通信の終端子を設定
configureCallbackシリアル ポートのコールバック関数とトリガーの設定
readシリアル ポートからのデータの読み取り
readlineシリアル ポートからの ASCII 文字列データ行の読み取り
writeシリアル ポートへのデータの書き込み
writelineシリアル ポートへの ASCII データ行の書き込み
flushシリアル ポート バッファーのフラッシュ
getpinstatusシリアル ピンのステータスの取得
setRTSシリアル RTS ピンをセット
setDTRシリアル DTR ピンをセット

トピック

シリアル ポートの概要

シリアル ポートによる通信の基本的機能

シリアル ポート オブジェクトの作成

シリアル ポートを使用して MATLAB とデバイス間の接続を確立する。

シリアル ポートの通信設定の構成

デバイスのボー レートとシリアル データ形式に関連したプロパティを設定する。

シリアル ポート データの書き込みと読み取り

シリアル ポート デバイスでテキスト データとバイナリ データの両方を読み取り、書き込む。

シリアル ポート通信でのコールバックの使用

指定したイベントがデバイスで発生したときにコールバック関数を実行することにより、機器の通信を強化する。

シリアル ポート制御ピンの使用

制御ピンを使用して、接続されているデバイスの存在を知らせ、データの流れを制御する。

serialport インターフェイスへのコードの遷移

serial の代わりに serialport を使用してシリアル ポート デバイスに接続する。

注目の例