Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

TCP/IP 通信

TCP/IP インターフェイスでのデータの読み取りと書き込み

伝送制御プロトコル (TCP) とは、インターネット プロトコル (IP) の上の層にあるトランスポート プロトコルで、最もよく使用されているネットワーク プロトコルの 1 つです。MATLAB® は TCP/IP クライアント通信をサポートしているため、ネットワーク ソケット通信を使用して MATLAB からリモート ホストに接続し、バイナリ データと ASCII データの両方の読み取りと書き込みができます。

tcpclient を使用してサーバーやハードウェアに接続する TCP/IP クライアントを作成し、読み取りと書き込みの操作を実行します。

関数

すべて展開する

tcpclientTCP/IP サーバーとの TCP/IP クライアント接続の作成
echotcpipTCP/IP エコー サーバーの起動または停止
configureTerminatorTCP/IP を介したリモート ホストとの ASCII 文字列通信を設定
configureCallbackTCP/IP を介してリモート ホストと通信するためのコールバック関数とトリガー条件の設定
readTCP/IP を介したリモート ホストからのデータの読み取り
readlineTCP/IP を介したリモート ホストからの ASCII 文字列データ行の読み取り
writeTCP/IP を介したリモート ホストへのデータの書き込み
writelineTCP/IP を介したリモート ホストへの ASCII データ行の書き込み
flushTCP/IP を介したリモート ホストとの通信のバッファーをクリア

トピック

TCP/IP 通信の概要

ネットワーク ソケット通信を使用して MATLAB からリモート ホストに接続し、TCP/IP を介してデータの読み取りと書き込みを行う。

TCP/IP クライアントの作成と設定の構成

MATLAB からリモート ホストまたはハードウェアに接続して、TCP/IP を介してデータの読み取りと書き込みを行う。

TCP/IP 通信でのコールバックの使用

指定したイベントが発生したときにコールバック関数を実行することにより、TCP/IP 通信を強化する。

TCP/IP インターフェイスを使用するデータの書き込みと読み取り

tcpclient オブジェクトに接続されたリモート ホストへの書き込みと、そのホストからの読み取り。

トラブルシューティング

Troubleshooting TCP/IP Client Interface

Troubleshoot the TCP/IP client interface.

TCP/IP クライアントの警告の解決: データをまったく読み取れない

データを何も受信せず、'tcpclient' unable to read any data という警告メッセージが表示された場合のトラブルシューティング。

注目の例