Main Content

TCP/IP クライアント インターフェイスのトラブルシューティング

伝送制御プロトコル (TCP) とは、インターネット プロトコル (IP) の上の層にあるトランスポート プロトコルで、最もよく使用されているネットワーク プロトコルの 1 つです。ネットワーク ソケット通信を使用してリモート ホストに接続し、データの読み取りと書き込みを実行できます。

問題

リモート ホストとの接続や通信に問題がある場合は、以下のトラブルシューティングのヒントを試してください。

考えられる解決策

サポートされているプラットフォーム

TCP/IP は以下のプラットフォームでサポートされています。

  • Linux®

  • macOS

  • Windows® 10

TCP/IP クライアント インターフェイスは MATLAB® と同じプラットフォームでサポートされています。現在サポートされているプラットフォームのリストの更新については、システム要件を参照してください。

構成と接続

  1. TCP/IP クライアント オブジェクトを作成できることを確認します。関数 tcpclient を使用してクライアント オブジェクトを作成します。その際、リモート ホスト名を入力引数とする必要があります。また、リモート ポートの値も指定する必要があります。

    各クライアント オブジェクトは 1 つの機器に関連付けられています。たとえば、Sony/Tektronix® AWG520 任意波形発生器用のクライアント オブジェクトを作成するには、機器のドキュメンテーションに記載されている、機器のリモート ホスト名とポート番号を使用します。

    t = tcpclient("sonytekawg.yourdomain.com",4000);
  2. デバイスに接続した後、そのデバイスと通信できます。送信と受信が機能しない場合、以下を確認します。

    • データがサーバーで必要な形式で送信されていることを確認します。

    • Web サーバーに接続する場合、HTTP get または post コマンドを送信しなければならないことがあります。Web サーバーとの通信には、関数 urlread または webread も使用できます。

    • 多くの TCP/IP サーバーでは、TCP/IP パケット内にヘッダー情報が必要です。

    TCP/IP を介した通信の例は、TCP/IP インターフェイスを使用するデータの書き込みと読み取りを参照してください。

VISA-TCP/IP 通信

機器との TCP/IP 通信には、tcpclient インターフェイスの代わりに、VISA-TCP/IP リソース名をもつ visadev インターフェイスを使用することもできます。

不適切なデータ型

適切なデータ型 (たとえば int16uint16double) が read および write で使用されていることを確認します。機器と同じデータ型を使用します。uint8 または int8 以外のデータ型の読み取りと書き込みを行う場合は、ByteOrder が正しいことを確認します。

参考

関連するトピック