最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

むだ時間をもつモデル

入力遅延、出力遅延、転送遅延および内部遅延をもつシステム

動的システム モデルの InputDelayOutputDelay および ioDelay の各プロパティを使用してむだ時間を表現します。線形システムでのむだ時間を参照してください。

関数

padeむだ時間のパデ近似
absorbDelayむだ時間を z = 0 または移相シフトでの極に置き換える
thiranThiran 近似に基づいて非整数遅延フィルターを作成
hasdelayむだ時間をもつ線形モデルに対して真
hasInternalDelayモデルに内部遅延があるかどうかの判定
totaldelayLTI モデルの組み合わされた I/O 遅延の合計
delayss遅延入力、出力、状態をもつ状態空間モデルを作成する
setDelayModel内部遅延をもつ状態空間モデルを作成
getDelayModel内部遅延の状態空間表現

トピック

むだ時間の基礎

むだ時間の指定

この例では、Control System Toolbox™ で、有限個の遅延をもつ任意の LTI モデルを表現し、操作し、解析する方法を示します。

むだ時間のモデル化

線形システムでのむだ時間

入力遅延と出力遅延、転送遅延、または動的システム モデルの内部遅延を表す。

むだ時間のある閉フィードバック ループ

むだ時間のあるモデルを相互接続することで内部遅延を生成できます。

内部遅延

内部遅延は、遅延のあるフィードバック ループをモデル化できます。

離散時間モデルでのむだ時間の 1/z の因子への変換

入力遅延、出力遅延、転送遅延を 1/z の因子として離散時間モデルに組み込む。

むだ時間のある周波数応答データ (FRD) モデル

むだ時間の周波数応答データへの吸収が、高い周波数での望まない位相ラッピングを起こす可能性があります。

むだ時間の近似

むだ時間近似

むだ時間を直接処理できない制御設計法のオールパス フィルターを使用してむだ時間を近似します。

連続時間開ループ モデルのむだ時間近似

パデ近似を使用して連続時間モデルでのむだ時間を近似します。

連続時間閉ループ モデルのむだ時間近似

内部遅延のある連続時間閉ループ システムで遅延を近似します。

異なる近似次数での異なる遅延の近似

異なる近似次数を使用して、内部遅延および出力遅延などの異なるタイプの遅延をモデル化できます。