Main Content

rxsite

RF 受信機サイトの作成

説明

rxsite オブジェクトを使用して、無線周波数受信機サイトを作成します。

受信機は、RF 回路とアンテナで構成されます。アンテナによってインターセプトされて電流に変換された無線波は、RF 回路によって信号への復号化 (復調など) が行われます。受信機の主な特性には、感度とアンテナの放射パターンが含まれます。

作成

説明

rx = rxsite は無線周波数受信機サイトを作成します。

rx = rxsite(coordsys) は、座標系が 'geographic' または 'cartesian' に設定された受信機サイトを作成します。

rx = rxsite(Name,Value) は、1 つ以上の名前と値のペアを使用してプロパティを設定します。たとえば、rx = rxsite('Name','RX Site') は、RX Site という名前の受信機サイトを作成します。各プロパティ名を引用符で囲みます。

プロパティ値を N 列の配列として指定して、受信機サイトの 1 行 N 列の配列を作成します。その他のプロパティ値は 1 または N 列で指定しなければなりません。NameLatitudeLongitude プロパティは、N 要素をもつ行ベクトルまたは列ベクトルのいずれかとして指定できます。CoordinateSystem プロパティは string スカラーまたは文字ベクトルでなければなりません。

プロパティ

すべて展開する

サイト名。文字ベクトル、行ベクトル、列ベクトル、または、string として指定します。

例: 'Name','Site 3'

例: rx.Name = 'Site 3'

例: 複数の値を割り当てる場合 - names = ["Fenway Park","Faneuil Hall","Bunker Hill Monument"];rx = rxsite('Name',names)

データ型: char | string

サイト位置の座標系。'geographic' または 'cartesian' として指定します。このプロパティが 'geographic' の場合、サイト位置は LatitudeLongitude、および AntennaHeight プロパティを使用して定義されます。このプロパティが 'cartesian' の場合、サイト位置は AntennaPosition プロパティを使用して定義されます。

例: 'CoordinateSystem','cartesian'

例: tx.CoordinateSystem = 'cartesian'

サイトの緯度座標。範囲が -9090 の数値スカラー、行ベクトル、または列ベクトルとして指定します。座標は地球楕円体モデル WGS-84 を使用して定義されます。緯度は南北方向の角度です。

例: 'Latitude',45.098

例: rx.Latitude = 45.098

例: 複数の値を割り当てる場合 - latitude = [42.3467,42.3598,42.3763];rx = rxsite('Latitude',latitude)

依存関係

このプロパティを使用する場合、CoordinateSystem'geographic' に設定しなければなりません。

サイトの経度座標。数値スカラー、行ベクトル、または列ベクトルとして指定します。座標は地球楕円体モデル WGS-84 を使用して定義されます。経度は東西方向の角度です。

例: 'Longitude',-68.890

例: rx.Longitude = -68.890

例: 複数の値を割り当てる場合 - longitude = [-71.0972,-71.0545,-71.0611];rx = rxsite('Longitude',longitude)

依存関係

このプロパティを使用する場合、CoordinateSystem'geographic' に設定しなければなりません。

アンテナ素子またはアンテナ アレイ。次のいずれかとして指定します。

  • 全方向に対して均一に放射を行うアンテナをモデル化する 'isotropic'

  • arrayConfig オブジェクト。

  • Antenna Toolbox™ がある場合、Antenna Catalog (Antenna Toolbox)からのアンテナ素子。

  • Phased Array System Toolbox™ がある場合、Antennas, Microphones, and Sonar Transducers (Phased Array System Toolbox)の任意のアンテナ オブジェクトまたはArray Geometries and Analysis (Phased Array System Toolbox)の任意のアレイ オブジェクト。

例: 'Antenna'cfgArray (ここで cfgArrayarrayConfig オブジェクト)

例: rx.Antenna = arrayConfig('Size',[8 1]); は z 軸に沿った 8 個の素子をもつ UCA を指定

アンテナのローカル直交座標系 X 軸の角度。方位角 (度単位) を表す数値スカラーまたは各素子が度単位の方位角および仰角の両方を表す 2 行 1 列のベクトルとして指定します。

方位角は、東 (地理サイトの場合) またはグローバル Z 軸を基準としたグローバル X 軸 (直交サイトの場合) のいずれかからアンテナの X 軸まで反時計回りに測定されます。

仰角は、水平面または X-Y 平面からアンテナの X 軸まで -9090 度の範囲で測定されます。

例: 'AntennaAngle',25

例: tx.AntennaAngle = [25,-80]

地面または建物面からのアンテナの高さ。メートル単位の非負の数値スカラーとして指定します。このプロパティの最大値は 6,371,000 m です。

サイトが建物に一致する場合、高さは建物の上部からアンテナの中心まで測定されます。それ以外の場合、高さは地面の標高からアンテナの中心まで測定されます。

例: 'AntennaHeight',25

例: rx.AntennaHeight = 15

依存関係

このプロパティを使用する場合、CoordinateSystem'geographic' に設定しなければなりません。

データ型:

アンテナの中心位置。各素子がメートル単位の [x;y;z] 直交座標を表す 3 行 1 列のベクトルとして指定します。

例: 'AntennaPosition',[0;2;4]

例: tx.AntennaPosition = [0;2;4]

依存関係

このプロパティを使用する場合、CoordinateSystem'cartesian' に設定されるように選択しなければなりません。

データ型:

システム損失。非負の数値スカラーまたは行ベクトルとして dB 単位で指定します。

システム損失には、伝送線路損失とその他のシステム損失が含まれます。

例: 'SystemLoss',10

例: rx.SystemLoss = 10

データ型:

信号を検出するための最小受信パワー。数値スカラーまたは行ベクトルとして dBm 単位で指定します。

例: 'ReceiverSensitivity',-80

例: rx.ReceiverSensitivity = -80

データ型: double

オブジェクト関数

showShow site in Site Viewer
hideHide site from Site Viewer
distanceサイト間の距離
angleサイト間の角度
elevationサイトの標高
locationサイトからの指定距離および指定角度における座標
sigstrengthReceived signal strength
losDisplay or compute line-of-sight (LOS) visibility status
linkDisplay or compute communication link status
patternDisplay antenna radiation pattern in Site Viewer

すべて折りたたむ

既定の受信機サイトを作成して表示します。

rx = rxsite
rx = 
  rxsite with properties:

                   Name: 'Site 2'
               Latitude: 42.3021
              Longitude: -71.3764
                Antenna: 'isotropic'
           AntennaAngle: 0
          AntennaHeight: 1
             SystemLoss: 0
    ReceiverSensitivity: -100

show(rx)

バージョン履歴

R2019b で導入