Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

distance

説明

d = distance(site1,site2) は、site1site2 の間の距離をメートル単位で返します。

d = distance(site1,site2,path) は、ユークリッドまたは大圏パスのいずれかの指定されたパス タイプを使用して距離を返します。

d = distance(___,Name,Value) は、名前と値の引数で指定された追加オプションを使用して距離を返します。

すべて折りたたむ

送信機サイトと受信機サイトを作成します。

tx = txsite('Name','MathWorks','Latitude',42.3001,'Longitude',-71.3504);
rx = rxsite('Name','Fenway Park','Latitude',42.3467,'Longitude',-71.0972);

サイト間のユークリッド距離を km 単位で取得します。

dme = distance(tx,rx)
dme = 2.1504e+04
dkm = dme / 1000
dkm = 21.5037

2 つのサイト間の大圏距離を取得します。

dmg = distance(tx,rx,'greatcircle')
dmg = 2.1451e+04

入力引数

すべて折りたたむ

送信機サイトまたは受信機サイト。txsite または rxsite オブジェクトとして指定します。配列入力を使用して複数のサイトを指定できます。

測定パス タイプ。次のいずれかとして指定します。

  • 'euclidean' — サイトのアンテナの中心位置を結ぶ、空間内の最短パスを使用します。

  • 'greatcircle' — サイトの緯度位置と経度位置を結ぶ、地球表面上の最短パスを使用します。このパスは球状の地球モデルを使用します。

データ型: char

名前と値の引数

オプションの引数のペアを Name1=Value1,...,NameN=ValueN として指定します。ここで、Name は引数名で、Value は対応する値です。名前と値の引数は他の引数の後に指定しなければなりませんが、ペアの順序は重要ではありません。

R2021a より前では、コンマを使用して名前と値の各ペアを区切り、Name を引用符で囲みます。

例: 'Map','siteviewer1'

可視化または表面データのマップ。siteviewer オブジェクト、triangulation オブジェクト、string スカラー、文字ベクトルのいずれかとして指定します。有効な既定値は、座標系に応じて異なります。

座標系有効なマップ値既定のマップ値
'geographic'
  • siteviewer オブジェクト a .

  • 出力引数の指定がある関数が呼び出された場合の地形名。有効な地形名は、'none''gmted2010'、または addCustomTerrain を使用して追加したカスタム地形データの名前です。

  • 現在の siteviewer オブジェクト。何も開いていない場合は新しい siteviewer オブジェクト。

  • 出力の指定がある関数が呼び出された場合の 'gmted2010'

'cartesian'
  • 'none'

  • siteviewer オブジェクト。

  • STL ファイルの名前。

  • triangulation オブジェクト。

  • 'none'

a Alignment of boundaries and region labels are a presentation of the feature provided by the data vendors and do not imply endorsement by MathWorks®.

データ型: char | string

出力引数

すべて折りたたむ

サイト間の距離。メートル単位の M 行 N 列の数値配列として返されます。ここで、M は site2 内のサイトの数で、N は site1 内のサイトの数です。

バージョン履歴

R2019b で導入

参考