最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

カメラ キャリブレーター

単一カメラの幾何学的パラメーターの推定

説明

カメラ キャリブレーター アプリケーションによって、カメラの内部、外部およびレンズ歪みのパラメーターを推定できます。これらのカメラ パラメーターはさまざまなコンピューター ビジョン アプリケーションに使用できます。これらのアプリケーションは、イメージからレンズ歪みの影響を除去する、平面オブジェクトを測定する、複数のカメラからの 3 次元シーンを再構成するなどを行います。

カメラ キャリブレーター アプリを開く

  • MATLAB® ツールストリップ: [アプリ] タブで、[イメージ処理とコンピューター ビジョン] の下にあるアプリ アイコンをクリックします。

  • MATLAB コマンド プロンプト: cameraCalibrator と入力します。

すべて展開する

この例では、カメラ キャリブレーター アプリを開く 2 つの方法について説明します。

MATLAB コマンド ラインで cameraCalibrator と入力するか、MATLAB デスクトップの [アプリ] タブから選択します。

関連する例

プログラムによる使用

すべて展開する

cameraCalibrator によってカメラ キャリブレーター アプリが開かれます。このアプリを使用して、イメージからレンズ歪みの影響を除去するために必要なパラメーターを計算できます。

cameraCalibrator(imageFolder,squareSize) は、カメラ キャリブレーション アプリを呼び出して、imageFolder からキャリブレーション イメージを読み込みます。squareSize 入力は、キャリブレーション パターン内のチェッカーボードの正方形のサイズを指定する、ミリメートル単位のスカラーでなければなりません。

cameraCalibrator(sessionFile) は、アプリを呼び出して、保存済みのカメラ キャリブレーション セッションを読み込みます。sessionFile を、保存済みのセッション ファイルの名前に設定します。名前には、保存済みのセッションが格納されている MAT ファイルへのパスが含まれていなければなりません。

R2013b で導入