最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ステレオ カメラ キャリブレーター

ステレオ カメラの幾何学的パラメーターの推定

説明

ステレオ カメラ キャリブレーター アプリによって、ステレオ ペアの各カメラの内部パラメーターおよび外部パラメーターを推定できます。このアプリを使用して、2 つのカメラ間の並進と回転を推定することもできます。

ステレオ カメラ キャリブレーター アプリを開く

  • MATLAB® ツールストリップ: [アプリ] タブで、[イメージ処理とコンピューター ビジョン] の下にあるアプリ アイコンをクリックします。

  • MATLAB コマンド プロンプト: stereoCameraCalibrator と入力します。

すべて展開する

この例では、ステレオ カメラ キャリブレーター アプリを開く 2 つの方法について説明します。

MATLAB コマンド ラインで stereocameraCalibrator と入力するか、MATLAB デスクトップの [アプリ] タブから選択します。

関連する例

プログラムによる使用

すべて展開する

stereoCameraCalibrator は、ステレオ カメラ キャリブレーター アプリを開きます。このアプリを使用して、ステレオ ペアの各カメラの内部パラメーターおよび外部パラメーターを推定できます。このアプリを使用して、2 つのカメラ間の並進と回転を推定することもできます。

stereoCameraCalibrator(folder1,folder2,squareSize) は、ステレオ カメラ キャリブレーター アプリを開いて、ステレオ キャリブレーション イメージを読み込みます。アプリは squareSize 入力で指定されたチェッカーボードの正方形のサイズを使用します。また、カメラ 1 の folder1 イメージおよびカメラ 2 の folder2 イメージも使用します。

stereoCameraCalibrator(folder1,folder2,squareSize,squareSizeUnits) はさらに、正方形のサイズの単位を指定します。単位を指定しないと、アプリでは squareSizeUnits'millimeters' に設定されます。単位には 'millimeters''centimeters' または 'inches' を指定できます。

stereoCameraCalibrator(sessionFile) は、アプリを開いて、保存済みのステレオ キャリブレーション セッションを読み込みます。sessionFile を保存済みのセッションの MAT ファイルの名前に設定します。

R2014b で導入